本記事はプロモーションを含む場合があります

1週間で仕事を辞めたい!歯科衛生士の2つの退職基準|やめる方法とその後の選択肢も解説

歯科衛生士 1週間で辞めたい すぐ辞めたい

 

  • 就職して1週間の歯科衛生士だけど、もう辞めたい…
  • 辞めるべきか続けるべきか、迷っている…
  • どうしたらよいか教えてほしい

 

就職したばかりなのに「なんか職場が合わない」「仕事がつらい」と、すでに仕事をやめたい状態に陥ってしまう歯科衛生士さんは多いです。

 

実際に、歯科衛生士は3ヶ月以内で20%が辞めるというデータがあります。

 

さらに「2回以上の転職経験者は55%」「3年以内での退職率は30%」という退職率の高い職業

 

1週間で職場を辞めたいと思うのは、あなただけではありません。悩みすぎたり、自分を責めたりしなくでも大丈夫です。

 

この記事では、1週間で仕事を辞めたくなった歯科衛生士さんの「2つの退職基準」と「1週間でやめた後の4つの選択肢」を解説します。

 

✔︎ この記事を書いたひと

まな

転職4回の歯科衛生士 (Twitter
1年目にパワハラで病む/ブラック→ホワイトな職場で快適に勤務/今はスタッフ100名の医療法人で採用を担当

 

結論からいうと、1週間で仕事を辞めたくなった歯科衛生士の退職基準は「心と身体に不調はあるか」「辞めた後の生活が成り立つか?」です。

 

この記事を読むと、勤めたばかりの職場を辞めたい歯科衛生士さんが「どうするべきか」…がすべてわかります。

 

▽「1週間でやめた後の選択肢」へ飛ぶ ▽

 

もくじ

 

1週間でやめるべき基準|健康とお金

歯科衛生士 仕事 1週間で辞める 理由

 

1週間でやめるべき基準は、2つです。

 

✔︎ 1週間でやめるべき基準

 

心と身体の不調を感じているか

 

心と身体に不調を感じているなら、退職を考えるべきです。

 

「心身の不調をきたしている症状」の例を挙げておきます。

 

  • 夢に出る
  • 玄関で足が止まる
  • 自然に涙がでる
  • 勤務中に時間が経つのが異様に遅い

 

上記のような症状は、しらないうちに心を蝕みます。自分の置かれている状況を客観的にみるようにしてください。

 

働いて1週間であれば、試用期間中の歯科衛生士さんも多いはず。試用期間中は比較的簡単にやめられます。

 

» 歯科衛生士が試用期間で辞めるべき3つの基準!退職するデメリットは?

 

健康第一です。

注意すべき状態

 

身体や心に明らかな不調を感じていなくても、注意する状態はあります。

 

  • 得体の知れない違和感を感じている
  • 疎外感を感じている

 

このまま働き続けると、心身が不調になる原因になります。「なにかおかしいな…」という感覚は、危険のサイン。

 

歯科衛生士 まな
歯科衛生士 まな

自分の直感は正しいことが多いです。

 

やめても生活できるか?

 

仕事をやめても生活できるか…は重要です。給料がもらえなくなるので、経済的な影響がでます。

 

  • 十分に貯蓄がある
  • しばらく実家で暮らせる
  • 次の転職先が決まっている
  • 旦那さんの収入で生活できる

 

辞めても大丈夫なら、不満な職場で働き続ける理由はありません。

 

逆に、辞めると生活が苦しくなるなら、まずは転職活動を始めてください。

 

経済的・精神的に苦しくなってからの転職活動は、うまくいきません。自分にあった職場を早めに探しておくことは大切です。

 

▽「1週間でやめた後の選択肢」へ飛ぶ ▽

 

「自分に合った職場を見つけるにはどうしたらよい?」と思いませんか?そんな方は転職エージェントの利用がおおすすめ。

 

一般には公開していない求人の紹介だけでなく、職場の人間関係をリサーチしてくれたり、退職手続きをサポートしてくれます。

 

歯科衛生士 まな
歯科衛生士 まな

実際に私は、エージェントが紹介してくれた職場で穏やかに働いています。

 

実際に使った転職エージェントを載せておくので、情報収集してみてください。

 

\ 快適な職場がみつかる歯科衛生士むけ転職エージェント /

 転職エージェント求人数特長おすすめする人

1位

歯科衛生士 デンタルワーカー 転職エージェント

デンタルワーカー

12,000件

年間3万人の転職実績
・ 職場の雰囲気が事前にわかる
・ 転職活動をトータルサポート
転職に失敗した経験がある人
待遇◎の求人が多く、1番おすすめ
歯科衛生士 転職サイト 2位

2位

 

ファーストナビ

10,000件

・ 2014年創業の老舗
・ 衛生士の4人に1人が利用中
・ 院長の人柄を事前にリサーチ
こまめなサポートを受けたい人
転職の悩み相談が気軽にできる
歯科衛生士 転職サイト 3位

3位

 

歯科転職ナビ

7,000件

LINEのやりとりがメイン
・ 利用者の満足度 98.2%
・ 転職後のフォローが充実
マイペースで就活したい人
条件にあう求人がLINEで届く

 

歯科衛生士が1週間で仕事をやめたくなる理由

歯科衛生士 1週間 仕事をやめたい 理由

 

歯科衛生士が「1週間で辞めたい理由」は次の5つです。

 

 

すぐに辞める理由は、人間関係・待遇の不満が多いです。

 

辞めたい理由をしっかり見定めることで、今後どうするか…を決めやすくなります。

 

人間関係が悪い

 

「人間関係」は歯科衛生士の退職理由第1位

 

以下のような人間関係の中で働き続けることは、ただただ苦行でしかありません。

 

  • 院長と性格が合わない
  • 先輩・同僚との相性が悪い

 

中には、新人に仕事を教えることが面倒と思う先輩・意地悪なお局さんもいたりします。

 

ひどいと、以下のような状況になることも。

 

  • 無視される
  • 怒鳴られる

 

歯科衛生士 まな
歯科衛生士 まな

殺伐とした雰囲気・死んだ魚の目で働いている…そんな職場もありました。

 

とはいえ、人間関係は働いてみないとわかりません。つまり、運の要素も強いです。

 

1週間で人柄を見抜くことは難しいですが、「どうしても合わない」という直感は正しいことの方が多いです。

 

正社員でもパートでも、「合わない人」とはとことん合わないです。人間関係のよい職場を見つける方法は、以下の記事を参考にしてください。

 

 

やりがいを感じない

 

仕事へのやりがいを感じないのは、ツラいです。歯科衛生士は「貢献したい」…という気持ちで仕事をしている人が多いからです。

 

新人だという理由で、あまりに仕事を与えられれず、もどかしく感じる歯科衛生士もいます。

 

  • 事務作業ばかり
  • なにも教えてくれない

 

このあたりは、人間関係にも関係しますが、やりがいを失います。

 

技術がたりない

 

自分の未熟さを感じると、やめたくなることもあります。

 

  • うまくアシストができない
  • スケーリングができない
  • 患者さんを怒らせてしまった…

 

上記のようなことを繰り返し、自信を喪失することも。

 

中には「医院独自のルールに戸惑うパターン」や「周りのレベルが高すぎるパターン」もあります。

 

歯科衛生士 まな
歯科衛生士 まな

ただし技術的な不足は、慣れ…で解消されることもあります。

 

できないことに「悔しい」「なにくそ」…と感じる場合は、もう少し頑張ってみるという選択肢もあります。

 

できるようになった後、あなたへの評価がガラリと変わるかもしれません。

 

ハラスメントをうけた

 

いまだにハラスメントをしてくる人は一定数、存在します。

 

✔︎ パワハラの例

  • 怒鳴る
  • 人格否定する

 

✔︎ セクハラの例

  • 触ってくる
  • 卑猥な話をしてくる

 

ハラスメントを受けているなら、今すぐにでも退職を考えるべきです。

 

待遇・労働条件がちがった

 

聞いていた話と「待遇・労働条件」が違うケースがあります。

 

1週間では、待遇や労働条件でわかることは限られます。とはいえ、以下のようなことから違和感を感じやすいです。

 

  • 給料が低いらしい(聞いていた話と違う)
  • 衛生面が不潔
  • 昼休みが少ない
  • 雇用条件が違う(残業や有給)

 

先輩スタッフから医院内についてのネガティブな情報を聞いてしまうことも。

 

歯科衛生士 まな
歯科衛生士 まな

事前に聞いていた条件とあきらかに違うような場合は、給料や有給などの条件も不安になってきますよね。

 

入ってから条件が違うことがわかると、気持ちが萎えるのも当然です。

 

改善されない場合は、今の条件と比較しつつ、条件のよい職場を改めて探すのはありです。

 

▽「1週間でやめた後の選択肢」へ飛ぶ ▽

 

以下の記事では、歯科衛生士にならなきゃよかった…辞めたい理由や対処法 を紹介しています。

 

仕事に不満や悩みを抱えている方・他の仕事に転職するか悩んでいる方は、ぜひご覧ください。

 

 

歯科衛生士が1週間で職場を辞めてもよい理由

歯科衛生士 すぐ辞める

 

働いて1週間で辞めるのは不安もあります。しかし次のような理由から、辞めてもなんとかなります。

 

  • 再スタートは早めの方が良い
  • 転職しやすい

 

再スタートは早めの方が良い

 

辞めたい職場でガマンしていても、その時間がムダになるケースは多いです。

 

「ここで働きたくない…」「衛生士ツラい…」と思いながら仕事するのはキツすぎます。

 

「心身の体調を壊す」「歯科衛生士として成長できない」…といった悪循環に陥ることも。

 

とくに、ガマンしすぎて病んでしまうと、働くこと自体が難しくなってしまいます。

 

» 歯科衛生士が病む・体調不良になる3つの原因

 

長い人生を考えて、早めに再スタートするのが賢明です。

 

歯科衛生士 まな
歯科衛生士 まな

早めに軌道修正できるのはむしろラッキーと考えて、決断した自分を褒めてあげてください。

 

転職しやすい

 

歯科衛生士の有効求人倍率は20倍。これは、歯科衛生士1人に20件の歯医者が募集を出している状況です。

 

つまり、歯科衛生士は転職しやすい職業です。

 

キツい職場でガマンせずに、自分にあった職場を探せる自由があります。

 

一方で、早期の退職は採用担当者から懸念されることも。

 

しっかり理由を説明して「前向きな転職」であることを伝えるのが大切です。

 

歯科衛生士 まな
歯科衛生士 まな

上手な伝え方は、転職エージェントにサポートしてもらうと効果的。

 

退職手続きも支援してくれて、「自分にあった歯科医院が見つける」確率もグッとアップします。

 

\ 快適な職場がみつかる歯科衛生士むけ転職エージェント /

 転職エージェント求人数特長おすすめする人

1位

歯科衛生士 デンタルワーカー 転職エージェント

デンタルワーカー

12,000件

年間3万人の転職実績
・ 職場の雰囲気が事前にわかる
・ 転職活動をトータルサポート
転職に失敗した経験がある人
待遇◎の求人が多く、1番おすすめ
歯科衛生士 転職サイト 2位

2位

 

ファーストナビ

10,000件

・ 2014年創業の老舗
・ 衛生士の4人に1人が利用中
・ 院長の人柄を事前にリサーチ
こまめなサポートを受けたい人
転職の悩み相談が気軽にできる
歯科衛生士 転職サイト 3位

3位

 

歯科転職ナビ

7,000件

LINEのやりとりがメイン
・ 利用者の満足度 98.2%
・ 転職後のフォローが充実
マイペースで就活したい人
条件にあう求人がLINEで届く

 

▽「1週間でやめた後の選択肢」へ飛ぶ ▽

 

1週間で辞めるデメリット

歯科衛生士 1週間で辞める デメリット

 

1週間で辞めることは、以下のようなデメリットを伴います。

 

  • 保険証や年金の切り替えが面倒
  • 転職の時、1週間での退職について懸念されることがある
  • 辞めぐせがつく可能性がある

 

保険証や年金の切り替えが面倒

 

就職のときに社会保険の加入や、労災保険の手続きなどを済ませているはず。

 

すべて手続きがやり直しになるので、手間がかかります。

 

とくに「国民健康保険から社会保険に加入した場合」は、歯科医院の社会保険をぬけて国民健康保険への再加入の手続きが発生します。

 

「今の職場の社会保険」から「別の医院への社会保険の手続き」は、医院が代行してくれるので、比較的負担は少なめ。

 

社会保険を継続するなら、理想は「つぎの職場を決めてからの退職」です。

 

転職の時、1週間での退職について懸念されることがある

 

転職時に、採用担当者が「1週間での退職」に疑問を持つ可能性があります。

 

「またすぐに辞めるのでは?」「忍耐力がないのでは?」…といった感じです。

 

歯科衛生士 まな
歯科衛生士 まな

とはいえ、歯科衛生士は転職率の高い職業なので、採用担当も大きな問題視はしません。

 

面接のときに、辞めた理由を説明して「前向きな転職」であることをアピールしましょう。

 

▽「1週間でやめた後の選択肢」へ飛ぶ ▽

 

辞めぐせがつく可能性がある

 

人によっては辞めぐせがついてしまう可能性があります。少しでも嫌なことがあると、すぐに辞めてしまうケースも。

 

ガマンしすぎるのは健康によくありませんが、全くガマンができなくなると自分にとって損です。

 

1週間でやめるべき基準」で解説した「心身の不調を感じているか」「やめても生活できるか」をベースに、自分なりの基準をもちましょう。

 

1週間で辞めない方がよいパターン

歯科衛生 1週間 辞めなくてよかった

 

以下に当てはまる場合は、1週間で辞めるのはもったいないかもしれません。

 

  • 人間関係に不満はない
  • やり方に慣れていないだけ

 

人間関係に不満はない

 

歯科衛生士が辞める理由で1番多いのは、人間関係のトラブル

 

逆にいえば、人間関係に不満を感じないなら、もう少し様子を見てもよいかもしれません。

 

歯科衛生士 まな
歯科衛生士 まな

待遇が悪すぎる・衛生観念が低すぎる…といったどうしても許せない原因がある場合を除きます。

 

 

「みんな優しい」とまではいかずとも「意地悪な人がいない」だけでも、働きやすさはグッとアップします。

 

やり方に慣れていない

 

治療のやり方・患者さんへの対応・スタッフ間のルール…などは歯科医院それぞれ。

 

慣れるまでには時間がかかります。1番最初が1番キツいケースも多いです。

 

一方で「教え方に問題がある」や「全然教えてくれない」といったケースは、辞める理由になります。

 

歯科衛生士 まな
歯科衛生士 まな

なんとなく違和感を感じている場合は、万が一に備えて転職活動を始めておくのはおすすめ。

 

求人を見ていると、「いつでも辞められる!」と思えるので、落ち着けます。

 

1週間で辞めたくなったときの4つの選択肢

歯科衛生士 辞めて 転職 1週間

 

1週間で辞めたくなったときに、取るべき選択肢は次の4つです。

 

✔︎ 1週間で辞めたくなったときの4つの選択肢

 

「辞めるか・続けるか」を判断しなければいけません。

 

今の職場で頑張る【ムリは禁物】

 

辞めたいと考えても、まず今の職場で働き続けることが可能か考えましょう。

 

退職・再就職には手間がかかります。

 

歯科衛生士 まな
歯科衛生士 まな

とはいえ、どこまで頑張るかの基準を持っておくのは大切です。

 

辞める基準で紹介した「心身の不調を感じているか」「やめても生活できるか」を参考にしてみてください。

 

「もう少し頑張ってみよう」と心から思うなら頑張るべきですが、「頑張らなくちゃ…」「まだ大丈夫…」になってくるのはよくない傾向です。

 

頑張る間にやることを載せておきます。

 

  • 仕事に慣れるように工夫する(メモする・質問するなど)
  • 一応退職の流れを調べておく
  • 他の求人を横目で見ておく

 

つねに、心と身体の調子には気を配るようにしましょう。ムリは禁物です。

 

働きつつ、とりあえず転職活動する【おすすめ】

 

今の職場はツラいけど歯科衛生士は続けたい…という人は、働きつつ転職を検討しましょう。

 

転職にはリスクがありますが、転職活動するだけならノーリスク

 

今の職場になれてきたり、良い求人がなければ転職しなければよいだけです。

 

「どうしても転職しなきゃ!」となってから転職活動すると、冷静な判断ができず変な求人に応募してしまうことも。

 

今のうちから、まずは求人をチェックしてみてください。

 

歯科衛生士 まな
歯科衛生士 まな

求人をチェックする手段は、ハローワーク・友人の紹介・転職サイト…の3つがあります。

 

中でも、歯科衛生士むけの転職サイトを活用するのは有効です。

 

とくにいまは、転職サイトに登録すると利用できる「転職エージェント」を使わないのはかなり効率が悪いです。

 

✔︎ 転職エージェントを利用するメリット

  • 非公開の求人にアクセスできる
  • 面接・見学の日程調整や給料の交渉を代行してくれる
  • 履歴書の添削や面接対策をしてくれる
  • キャリア全般や退職の相談ができる

 

これらを自分でやろうとしたら大変です。エージェントの利用はすべて無料なので、活用しない手はないと思います。

 

歯科衛生士 まな
歯科衛生士 まな

「まだ退職するかわからないんだけど、いい求人ありますか?」こう聞いてみるだけでも、考えもしなかった情報が出てくるかもしれません。

 

転職エージェントを利用して、何人もの歯科衛生士さんが働きやすい環境を手に入れています。

 

いまの職場に違和感を感じるなら、気軽に相談してみてください。

 

\ 快適な職場がみつかる歯科衛生士むけ転職エージェント /

 転職エージェント求人数特長おすすめする人

1位

歯科衛生士 デンタルワーカー 転職エージェント

デンタルワーカー

12,000件

年間3万人の転職実績
・ 職場の雰囲気が事前にわかる
・ 転職活動をトータルサポート
転職に失敗した経験がある人
待遇◎の求人が多く、1番おすすめ
歯科衛生士 転職サイト 2位

2位

 

ファーストナビ

10,000件

・ 2014年創業の老舗
・ 衛生士の4人に1人が利用中
・ 院長の人柄を事前にリサーチ
こまめなサポートを受けたい人
転職の悩み相談が気軽にできる
歯科衛生士 転職サイト 3位

3位

 

歯科転職ナビ

7,000件

LINEのやりとりがメイン
・ 利用者の満足度 98.2%
・ 転職後のフォローが充実
マイペースで就活したい人
条件にあう求人がLINEで届く

 

» 歯科衛生士の転職エージェントは相性で選ぶべき!おすすめ5選を解説【未経験でもOK】

 

とくにデンタルワーカーは、12,000件の求人を掲載している転職エージェント。

 

給与の交渉・人間関係のリサーチ・面接の同行までサポートしてくれるのは、他の転職エージェントにはない強みです。

 

歯科衛生士 まな
歯科衛生士 まな

私は「穏やかな職場」を紹介してもらい、5年間平和に働いています。

 

「自分にはもっと合う職場があるはず」と感じる人はぜひ利用してみて下さい。

 

\ 転職の相談だけでもOK! /

公式|デンタルワーカーに登録する

年間3万人の転職実績

 

デンタルワーカーの口コミ・評判を詳しく知りたい方は、こちらの記事を参考にしてください。

 

» 口コミ・評判|デンタルワーカーを徹底レビュー【歯科衛生士が転職成功する近道】

 

退職を前提にすすめる【円満退職を目指す】

 

退職を前提にすすめる場合、できる限り円満退職を目指しましょう。

 

理由を添えつつ、丁寧に・穏やかに・はっきりと伝えるのがポイントです。

 

退職は2週間前の通知で可能ですが、雇用契約に書いてある退職期間(たとえば1ヶ月前など)で退職すれば、比較的円満な退職になります。

 

転職エージェントを使って転職した人は、転職エージェントに依頼すると退職のサポートをしてもらえることも。

 

早めの決断は、人生の時間を有意義に使えます。勇気を持って、伝えてください。

 

» 歯科衛生士が円満に退職する5つの手順

 

即日退職する【ブッチはダメ】

 

基本的に、即日退職はできません。

 

労働者は退職を申し出て2週間経過しないと退職はできない国のルールがあるからです。

 

また、雇用契約書や就業規則によって定められている退職規定もあります。

 

とはいえ、やむを得ない事情がある場合に、歯科医院と合意したケースでは、即日退職が可能になります。

 

✔︎ やむを得ない事情の例

  • 入職時と労働条件がちがう
  • ハラスメント・いじめ
  • 心身の不調・病気
  • 身内の介護

 

注意してほしいのは、バックれるのはNGです。デメリットが大きいのでおすすめしません。

 

✔︎ バックレのデメリット

  • 懲戒解雇扱いとなり、転職活動に影響が出る可能性がある
  • 後から連絡が必要になる可能性(確定申告などの書類)がある
  • 院長やスタッフが家に来る可能性がある
  • 音信不通が原因で警察沙汰になることもある

 

バックレるくらいなら、しっかり退職の意思を伝えて退職してください。

すぐ辞めたいけど勇気がないなら、退職代行サービスで即日退職する

 

どうしても伝えられない人は、退職代行サービスを使って退職手続きを完了させましょう。

 

退職代行を利用すれば、このまま出勤せずに退職することが可能です。

 

✔︎ 退職代行サービスをつかうメリット

  • 即日にやめられる
  • もう出勤しなくてよい
  • 院長やスタッフと話をする必要もない
  • 退職手続きを代行してくれる

 

歯科医院との退職の合意を代行してくれるだけでなく、院内に残した荷物も送付してもらえます。

 

3万円ほどかかりますが、即日で辞めたいくらい追い込まれている人は、検討してみてください。

 

ちなみに私の友人は、わたしNEXTという退職代行を利用しました。対応件数が豊富なうえに、退職成功率100%です。

 

LINEから無料相談(24時間)が可能。

 

現状からすぐに解放されたい人は、わたしNEXTを利用してノーストレスで退職しましょう。

 

\ 相談無料!/

わたしNEXT【公式】はこちら

女性の支持No.1の退職代行

 

1週間で辞めた歯科衛生士の事例【辞めたいのに辞められない実例も】

歯科衛生士 1週間 辞める 事例

 

1週間で辞めた実例を紹介します。

 

正社員を1週間でやめた知人A

 

正社員として雇用されました。

 

働いてみると「始業より1時間早く出勤を課せられ、その分の給料はでない」「院長が面接の時とは別人で、怒鳴り散らす」という歯科医院でした。

 

事前に聞いていた状況とのギャップがありすぎて退職を決意。

 

退職を申し出た時も怒鳴られましたが、退職届を置いて退職しました。

 

健康保険の手続きは、歯科医院の事務の方が対応してくれたので、スムーズに終わりました。

 

パートを1週間でやめた知人B

 

出勤初日からベテラン歯科衛生士さんから嫌味や悪口を言われるようになり、退職を決意。

 

何も言わずに辞めようと思いましたが、後々のトラブルを回避するために電話で退職の旨をつたえました。

 

かなり渋られ、最後は「接する態度を改める」とまで言われましたが、信頼できずに退職。

 

辞めたいのに辞められない?【Yahoo!知恵袋の例】

 

暇すぎる。レベルアップができないから辞めたい。

 

しかし就職前の誓約書に「1年間は勤務する」という記載があった…。

 

引用:転職して1週間が経ちますが、既に辞めたい

 

歯科衛生士 まな
歯科衛生士 まな

文面に1年間と書いてあっても、2週間前に退職の意思を伝えれば、法律上は辞められます。

 

パートを始めて1週間だけど、仕事に行くのが苦痛

 

ブランクがあることは事前に伝えていたのに、初日からキツく言われてツラい。

 

午前中で帰るので、スタッフとも話す時間がなく、コミュニケーションが取れない。

 

こんなこともわからないんですか?」と言われることも…。3ヶ月くらいは続けた方がいいのでしょうか…?

 

引用:転職して1週間が経ちますが、既に辞めたい

 

歯科衛生士 まな
歯科衛生士 まな

スキルが足りないなら頑張ってみるのも選択肢ですが、メンタルがキツすぎるなら辞めてもよいかもしれません。

 

健康が大切です。

 

歯科衛生士が1週間で仕事を辞めたいときの注意点

歯科衛生士 退職 注意点

 

歯科衛生士が1週間で仕事を辞めたいときの注意点を紹介します。

 

  • 信頼できる人に相談する
  • 働き続けるメリットと比較する
  • 歯科衛生士以外の仕事もある

 

信頼できる人に相談する

 

信頼できる家族・友人・パートナーに相談してみるのは、かなり有効です。

 

相談することでアドバイスをもらえるだけではなく、 気持ちが楽になることもあるからです。

 

相談しやすい人に、話を聞いてもらってください。

 

働き続けるメリットと比較する

 

それでも何かを期待して就職したはず。そのメリットを一度、思い出してみてください。

 

  • 給料がよい
  • 立地がよい
  • 福利厚生がよい
  • 勉強ができる、資格が取れる

 

就職時に期待したメリットと比べて、今かかえているデメリットが上回るなら辞めるべきです。

 

歯科衛生士以外の仕事もある

 

視点を広げるなら、歯科衛生士以外の世界にも目を向けてみてください。

 

飲食・営業・介護…など、歯科衛生士をやめて他業種で働いている人も多いです。

 

歯科衛生士 まな
歯科衛生士 まな

モリタ・ライオン・サンスターといった大手歯科企業へ就職した人も。

 

歯科衛生士以外の仕事に興味のある人は、一度求人をチェックしてみてはいかがでしょうか。

 

マイナビ転職エージェントサーチ は、業界トップクラスの求人数を誇る転職エージェント。転職のプロがサポートしてくれます。

 

ベンチャーから大手まで優良企業の求人多数 » マイナビ転職エージェントサーチ

 

1週間でやめたいときは何か行動してみましょう!

 

歯科衛生士 1週間で退職

 

歯科衛生士が、就職して1週間で仕事を辞めたくなるのは、珍しいことではありません。

 

ここからどうするか…は、あなた次第。

 

頑張るにしても仕事を辞めるにしても、「心と体の健康」だけは大切にしてください。

 

今の職場に違和感があるなら、メンタルが正常なうちに転職活動を始めるのはおすすめです。

 

1週間でやめるデメリット」を考慮しつつ、「1週間でやめた後の選択肢」の中からできるをトライしてみてください。

 

\ 歯科衛生士におすすめの転職エージェント /

 転職エージェント求人数特長おすすめする人

1位

歯科衛生士 デンタルワーカー 転職エージェント

デンタルワーカー

12,000件

年間3万人の転職実績
・ 職場の雰囲気が事前にわかる
・ 転職活動をトータルサポート
転職に失敗した経験がある人
待遇◎の求人が多く、1番おすすめ
歯科衛生士 転職サイト 2位

2位

 

ファーストナビ

10,000件

・ 2014年創業の老舗
・ 衛生士の4人に1人が利用中
・ 院長の人柄を事前にリサーチ
こまめなサポートを受けたい人
転職の悩み相談が気軽にできる
歯科衛生士 転職サイト 3位

3位

 

歯科転職ナビ

7,000件

LINEのやりとりがメイン
・ 利用者の満足度 98.2%
・ 転職後のフォローが充実
マイペースで就活したい人
条件にあう求人がLINEで届く