【連休中に歯が痛い…】対処方法を歯医者が解説します【5つある】

 

連休中に歯が痛くなった人「休みなのに急に歯が痛くなった。どうしよう。なにか良い方法はあるのかな。やってはいけないこともあったら教えてほしい。」

 

本記事ではこういった疑問にこたえます。

 

本記事の内容

 

この記事を書いている私は歯医者です。

 

最近、連休中(ゴールデンウィーク)に治療中の歯が痛くなり、ツラい思いをしました。

 

歯が痛いと「歯」のことしか考えられなくて本当にキツいです。

 

歯医者という立場そして歯の痛みを経験した立場から、休みの日に歯が痛くなったときの対処法を紹介します。

 

普段は Twitter で医療と介護の情報を発信しています。記事の信頼性担保になると嬉しいです。

 

『悪いことはいわないので、もしこの先の人生で熱いものがしみる状態に陥ったらすぐ歯医者に診てもらってくださいね。むし歯や歯周病が進んでいる可能性があります。早めの治療は重症化を防止し、歯の寿命を延ばします。大好きな熱々ラーメンが食べられなくなり、結果歯の神経をとった歯医者からのお願い』

 

スポンサーリンク

【連休中に歯が痛い…】歯医者なのに寝れないほど急に歯が痛くなった

 

結論、急に歯が痛くなったときの対処方法は以下の5つです。

 

 

①:休日にやっている病院へいく

 

②:痛み止めを飲む

 

③:冷やす

 

④:口の中を清潔にする

 

⑤:ツボをおす

 

 

 

今回は神経を抜いたはずの歯が痛くなった経験から書いています。痛みとしては、じくじくと常に痛い状態です。

 

似たような症状のひとは試してみてください。簡単に体験談を交えつつつつ、ひとつずつ解説します。

 

熱いものがしみる人はこちらを参考にしてください。

>>参考:【結論】熱いものがしみたら歯医者に行こう【選び方と応急処置も解説】

 

【寝れない…】神経を抜いたはずの歯が痛い…【歯医者の体験談】

GW(連休中)前に虫歯治療を開始

そもそもはゴールデンウィーク前に歯が痛くなり、友人の歯科医院で治療してもらっていました。

 

虫歯が進んでいたので神経を取り、その後神経の代わりのお薬を詰めるところまで終わっていました。

 

治療1回目

 

治療2回目

 

連休中のど真ん中に歯が痛い…【気のせいじゃない】

ゴールデンウィーク中の5月の3日、朝起きると治療した歯に痛みを感じ、その後一日中ずっと痛みがまり、夜になると寝れないほどでした。

 

最初は気のせいかな…と思ったのですが、気のせいと思いたかっただけのようです。

 

✔︎ 友人の歯医者は帰省中…

担当医である友人の歯医者に連絡をしたところ、地元に帰省しているとのことですぐに診察は難しい状態でした。

 

この状況下、なんとか痛みを和らげて休日明けまでしのぎました。

 

連休中に歯が痛くなったときの対処方法【5つある】

 

繰り返しになりますが、急に歯が痛くなったときの対処方法は以下のとおり。

 

 

①:休日にやっている病院へいく

 

②:痛み止めを飲む

 

③:冷やす

 

④:口の中を清潔にする

 

⑤:ツボをおす

 

 

 

ひとつずつ解説していきます。

 

①:休日にやっている病院へいく

どうしても耐えられない時は休日にやってる病院へ行きましょう。

 

歯の痛みは耐え難いほどの苦痛を生むことがあるので、緊急受診は有効な選択肢のひとつです。

 

✔︎ 休日にやってる病院の探し方

「市町村名 歯科 休日当番」で検索すると便利です。

 

 

歯科医師会や役所のホームページが出てきて、診療中の病院がわかります。地域にもよりますが夕方には終わる場合が多いです。

 

②:痛み止めを飲む

市販の痛み止めを飲む…というのも有効な手段のひとつです。

 

直接、急な痛みに作用してくれるからです。

 

今はドラッグストアで痛み止めを売っているので購入しましょう。夜間だとやっていないこともあるので常備しておくのがオススメです。

 

※ 購入時は、身体の様子に対する質問に回答する必要があります。

 

とはいえ神経を取った後の場合は、歯の中で膿が溜まって痛んでることがあるので痛み止めは効きにくい場合もあります。

 

✔︎ 虫歯の場合は正露丸

私のように神経を取った後の痛みではなく、虫歯で穴が開いて痛んでいる場合は正露丸を詰めるのも有効です。使用用途にしっかり記載されています。

 

 

③:冷やす

痛い場所を冷やすのも有効です。血液の流れを一時的に抑えるため、痛みを和らげることができます。

 

氷や保冷剤などをタオルで巻いて、ほっぺた側から冷やしましょう。

 

歯周病や知覚過敏、抜歯による痛みの場合は、冷やすことで痛みが増してしまうことがあるので注意してください。

 

④:口の中を清潔にする

基本的なことですが口の中は清潔にしましょう。

 

歯ブラシやうがいなどで痛い場所を中心に汚れを落とすのも大切です。

 

歯の痛みは細菌の感染によるところも多いので、口の中の汚れを除去するということは感染の防止にもつながります。

 

⑤:ツボをおす

人によってはツボを押すことも効果的といわれています。

 

代表的なものは「合谷(ごうこく)」と「承漿(しょうしょう) 」です

 

ただツボは緊急時の対応にしか過ぎず、痛みの原因を治すだけではないので注意してください。

 

✔︎ 合谷(ごうこく)

人差し指と親指の骨が交わるところです。押した時にやや痛みがあるところを探しましょう。

 

少し強めに1分ほど押し続けると効果的です。左右どちらでも構いません。

 

歯の痛みではだけではなく他の箇所の痛みも和らげることのできる万能のツボと言われています。

 

 

✔︎ 承漿(しょうしょう)

 

下唇と顎の間の少し凹みがあるところです。

 

指の先で5秒間押し続けゆっくり離す…を5回ほど繰り返します。

 

歯の痛みだけではなく口内炎や口の周りのシワなどにも効果があります。

 

歯が痛いときにやってはいけないこと

 

歯が痛いときにやってはいけないことは以下のとおりです。

 

 

・いじる、たたく

 

・アルコール

 

・運動

 

・つよく噛む

 

 

 

やるべき対応も大切ですが、「やらないこと」もそれ以上に大切です。

 

気になってやってしまうこともあるので注意しましょう。

いじる・たたく

痛い歯ををいじったり叩いたりしてはいけません。

 

刺激を与えることで炎症が強く出ることがあるからです。

 

指の先でいじり回したり、ブラシの柄で叩いたりするといってことはやめましょう。

 

アルコール

お酒を控えるようにしましょう。アルコールを摂取することで血行が良くなり、炎症や痛みも増加する可能性があります。

 

お酒を飲むと麻痺するのではと思う人もいるかもしれませんが…残念ながら違います。

 

殺菌消毒の濃度にも足りないため消毒作用も期待できません。

 

✔︎ タバコ
タバコは有害物質が含まれているため、歯が痛い時には向いていません。さらに歯周病を悪化させる原因とも言われています。

 

運動

運動、とくに激しい運動はオススメできません。

 

温まることで血行が良くなり痛みが増幅するからです。

 

定期的に運動してるような人でも歯が痛い時は控えることをお勧めします

 

✔︎ 熱いお風呂も

運動と同様に熱いお風呂も血行が良くなってしまいます。熱い湯船に長時間浸かることは避けましょう。

 

つよく噛む

痛いところで強く噛まないようにしましょう。

 

「噛む」という刺激を与えることで、炎症が強く出てしまう可能性があるからです。

 

経験して初めてわかりましたが、反対側だけで噛む…ってなかなか難しいんですよね。

 

どうしても食べ物が回ってきてしまうと言うか….

 

できるだけ柔らかいものを食べるのもオススメです。

 

歯医者に行きましょう【急な痛みに備えつつ…】

 

今回の記事をまとめます。

 

✔︎ 急に歯が痛くなったとき対処方法 5選

 

①:休日にやっている病院へいく

 

②:痛み止めを飲む

 

③:冷やす

 

④:口の中を清潔にする

 

⑤:ツボをおす

 

 

 

✔︎ 歯が痛いときにやってはいけないこと

 

・いじる、たたく

 

・アルコール

 

・運動

 

・つよく噛む

 

 

 

以上のように、神経を取った歯が連休中に痛くなってしまった経験をもとに、痛みを和らげる方法まで紹介しました。

 

まずやれるところから取り掛かってくださいね。

 

忘れてはいけないのは、根本的な原因を解決できるのは歯医者だけです。休みが明けたらすぐにでも行きましょう。

 

当日でも、どうしても診てほしいといえば必ず診察してくれます。

 

歯の痛みが急に来る【休みの日でも関係ない】

歯はいつ痛くなるか分かりません。そのため痛くなってもいいように薬の常備や、やることの知識など事前に覚えておいても損はありません。

 

またゴールデンウィークやお正月お盆といった長期休暇の前の治療内容は注意しましょう。

 

早く終わらせたいという気持ちはわかりますが、チャレンジする治療してしまうとトラブルがあった時に見てくれる先生が不在になります。

 

歯の痛みはイライラしますが必ずよくなります、やれることをやって痛みを少しでも和らげてくださいね!

 

今回は以上です。

 

✔︎ 熱いものがしみている人 

 

✔︎ 今までの治療(1回目)

 

✔︎ 今までの治療(2回目)

 

未分類
スポンサーリンク
しろたぬ Web