【歯医者あるある】歯科衛生士が院長と合わないときの対策 5選【うざい・性格悪すぎ】

歯医者 院長 うざい 性格悪い 合わない

 

歯科衛生士「現在、きらいな院長の元で働いているけど、どう対策すればよいのかな。嫌い、うざい…っていう感情が自然に湧き出てしまう。どうしても合わないときは、どうしたらよいのだろう…」

 

歯医者で働く歯科衛生士さんの中には、院長に対して、

 

  • 性格悪い
  • 行動がうざい
  • とにかく嫌い
  • 何をいわれてもムカつく

 

…のように「院長と合わない」と感じながら仕事している人は多いです。

 

そこでこの記事では、

 

  • 歯科衛生士が院長とあわないときにやるべき対策
  • 歯科衛生士が院長と合わない理由

 

…を解説します。

 

✔︎ この記事を書いたひと

しろたぬ

複数の歯科医院ではたらく歯科医師/ライター
今まで100人以上の歯科衛生士さんと仕事を経験。採用する側として「歯科衛生士転職」の内情に精通。歯科について呟く Twitter は1.1万人フォロワー。

しろたぬをフォロー

 

この記事をよむと、院長のことが嫌いな歯科衛生士さんが一体どうしたらよいのか?…すべてわかります。

 

» 歯科衛生士が人間関係のよい歯科医院をみつける方法

 

もくじ

歯科衛生士が院長と合わないときの対策 5選【うざい・性格悪すぎ】

 

結論、つぎの通りです。

 

  • できるだけ距離をおく
  • 改善案を提示する
  • 信頼できる人に話を聞いてもらう
  • 今の職場にとどまる理由を考える
  • 環境を変える

 

できるだけ距離をおく

 

できるだけ距離をおきましょう。

 

  • 嫌い
  • うざい
  • ムカつく

 

負の感情は、ストレスにしかなりません。必要以上のことは話さない…ように意識しましょう。

 

とはいえ、完全に距離を保つのは仕事上難しいですよね。

 

そのため、「仕事と割り切り、心を無にする」…をイメージしてください。物理的な距離感よりも、心理的な距離感をおきましょう。

 

しろたぬ
しろたぬ

ここで有効な考え方は「他人には期待しない」…です。

 

自分を変えることはできますが、相手を変えることはできません。期待しないことで、ストレスを軽減することができます。

 

このあたりは有名な「アドラー心理学」の本がおすすめです。本文中に「ロバを水辺にはつれていくことはできても、水を飲ますことはできない」という話がでてきます。

そこを仕事に置き換えてみましょう。(Kindle版は無料です)

 

 

改善案を提示する

 

自分ができることを考えて、改善案を提案するのは重要です

 

先に印刷しておくと締めの作業が早い

セメントはこちらに置いた方がやりやすい

 

環境が改善されることで、院長に対して「あわない」…と感じなくなる可能性があります。

 

提示の仕方のポイントは以下の2つ。

 

  • 具体的
  • 冷静

 

間違えても、感情的に伝えないように気をつけてください

 

院長によっては、しっかり話を聞いてくれる場合があります。

 

しろたぬ
しろたぬ

とはいえ、それを受けいれるかどうかは相手次第。

 

ですがもし通らなくても、「改善案を考えて、冷静に提出した」という事実は、必ず今後の人生の糧になります。

 

信頼できる人に話を聞いてもらう

 

信頼できる人に話を聞いてもらう…は大切です。

 

話を聞いてもらうことで、気が紛れます。さらに、冷静になる状況を客観的に見れる…ようにもなります。

 

ハッとする解決案を、教えてくれるかもしれません。

 

  • 家族
  • 職場の友達
  • 他職のともだち
  • 恋人

 

信頼できる人に話してみましょう。

 

話しただけでは解決にならない…と考える方もいると思いますが、それでも問題ありません。

 

たとえ解決にならなくても、心が少しでも楽になることは大きなプラスです。

 

今の職場にとどまる理由を考える

 

「なぜ今の職場にいなければならないのか」を考えてみるのも有効です。

 

ここでこのまま仕事をしていくべきかの判断基準になります。

 

  • 給料がよい
  • 勤務時間が短い
  • スキルアップができる
  • 福利厚生が充実している

 

「働くメリット」が、「院長と合わないデメリット」を上回れば、このままでも良い…という判断ができます。

 

働いている意味を改めて考えることは、今後に必ずつながります。

 

環境を変える

 

環境を変えれば、合わない院長から離れることができます。

 

  • 分院への移籍
  • 他の歯科医院へ転職

 

このように、環境が変わることで、いまある状態をリセットできます

 

環境を変えることは勇気のいることなので、慎重な判断は必要です。

 

とはいえ、仕事がつらすぎて、

 

  • 最近よく眠れない
  • 院長が夢に出る
  • 朝、玄関から動けない

 

…といった、ふだんと違う症状が出るときは、環境を変えることを考えてみてください。

 

しろたぬ
しろたぬ

身体と心の健康…が最優先です。これだけは忘れないでくださいね。

 

\ 今すぐ登録はこちら /

転職サイト特徴おすすめポイント公式サイト
🥇 ファーストナビ・歯科衛生士の4人に1人が利用
・院長の人柄をリサーチできる
人間関係が事前にわかる
1番オススメ
\登録はこちら/
🥈 デンタルワーカー・年間転職成功者3万人
・転職のプロによるサポート
高待遇の求人が多いので
転職に成功しやすい
\登録はこちら/
🥉 歯科転職ナビ・利用者満足度 98.2%
・転職の悩み相談ができる
連絡はLINEが中心
マイペースで就活できる
\登録はこちら/

 

歯科衛生士の退職のコツは次の記事で解説しています。

» 歯科衛生士が円満に退職する5つの手順

 

【むかつく…】歯科衛生士が歯医者の院長と合わない理由

 

嫌い・うざい・ムカつく…と感じるには、理由があるはず。

 

理由は大きく以下の2つがあります。

 

  • 人柄、性格に関するもの
  • 仕事に関するもの

 

理由がわかれば、対策を立てることができます。

 

人柄・性格に関するもの

 

人柄・性格に関するもの…の例は、つぎのとおりです。

 

  • 気分で態度が変わる
  • 人によって態度が変わる
  • 伝え方がネチネチしている
  • 生理的にムリ
  • パワハラしてくる

 

これらは、院長に対して、性格悪い・うざい・ムカつく・頭おかしい…と感じる理由です。

 

パワハラには注意

 

パワハラを受け続けると、シンプルに病みます

 

パワハラとは、以下のような事例です。

 

  • 怒鳴る
  • 人格を否定する
  • 退職をちらつかせる
  • 無視をする

 

心身を病んでしまうと、仕事だけでなく、経済的(通院)にも影響が出ます

 

そのため、改善を求める・退職する…といった早めの対策は必要です。

 

» 歯科衛生士が円満に退職する5つの手順

 

仕事に関するもの

 

仕事に関するものでも、院長と合わない…と感じることがあります。

 

  • 治療が適当
  • 患者さんへの対応がザツ
  • 病院の理念と治療内容が合わない
  • ぼったくり気味
  • 給料を上げてくれない

 

これらは、院長についていけない・せこい・最低…と感じてしまいます。

 

嫌いな感情が爆発したら転職を。【合わない・うざい・むかつく…】

 

合わない・嫌い・うざい・むかつく…が爆発することはあります。

 

合わない環境で仕事をしていると…

 

院長と合わない職場で仕事していると、

 

  • もうムリ!
  • 耐えられない!
  • これ以上、一緒に仕事できない!

 

と、なにかの拍子に感情が爆発してしまうことがあります。

 

そのときは、転職…が現実的になってきます。

 

しろたぬ
しろたぬ

ですが、その状態におちいったときにあわてて転職活動しても、冷静な判断ができません。

 

さらに転職活動中は精神的にも、経済的にも不安になってしまいます。

 

そのため、普段から定期的に求人情報をチェックしておくことはオススメです。

 

»【歯科衛生士転職サイト】おすすめランキング21選

 

【いつでも転職できる】歯科衛生士の求人は多い

 

いまは、どこの歯科衛生士不足です。歯科衛生士の求人はたくさんあります。

 

しろたぬ
しろたぬ

実際、歯科衛生士の有効求人倍率は20倍。これは、一人の歯科衛生士に対して、20件の歯科医院が募集を出している状況です。

 

そのため、転職に困ることはほぼありません。歯科医院は全国に7万件。いまより環境のよい歯科医院は必ずあります。

 

歯科衛生士は求められている…という状態は、心に余裕がうまれます。

 

求人情報をみて、今の環境と比較する

 

少しでも自分にあった歯科院を探すなら、転職サイトの求人情報をみて「自分の労働環境」と比較しておくのは重要です。

 

  • 給料
  • 勤務時間
  • 休日
  • 福利厚生

 

いまは、院長の人柄やスタッフの人間関係を事前にリサーチしてくれる転職サイトもあります

 

希望に合った歯科医院の情報を手に入れたい人は、まず転職サイトに登録して求人をチェックしてみましょう

 

オススメの転職サイトはこちら ▼

  • ファーストナビ | 恵まれた人間関係で働きたい歯科衛生士さんにおすすめ
    ※ 院長の人柄、スタッフの性格を徹底リサーチ・職場の雰囲気が事前にわかるので1番オススメ
  • デンタルワーカー転職に失敗したくない歯科衛生士さんにおすすめ
    一般には非公開の高待遇求人多数・人間関係の情報が事前にわかる・転職後の悩み相談も受付
  • 歯科転職ナビ | マイペースで就活したい歯科衛生士さんにおすすめ
    ※ エージェントが丁寧なサポート・LINEのやり取りが中心なのでしつこい着信や連絡は一切なし

 

とくにファーストナビは、4人に1人の歯科衛生士が登録している日本最大級の転職サイト

 

しろたぬ
しろたぬ

専門のエージェントが医院へ直接訪問して、職場の雰囲気をリサーチしています。悪いことや気になる点を教えてくれるのは他の転職サイトにはない強みです。

 

入職後にギャップを感じるリスクを減らせるので、人間関係に不安のある歯科衛生士さんにピッタリの転職サイトです。

 

\ 完全無料で転職成功できる /

ファーストナビ 公式サイト >

 

ファーストナビの詳細をみる

 

※ 歯科衛生士向けの転職サイトは20社以上あります。その中から厳選しました。

 

「脱・合わない院長」…にむけて

 

今回の記事では、歯科衛生士が院長と合わないときの対策を解説してきました。

 

  • できるだけ距離をおく
  • 改善案を提示する
  • 信頼できる人に話を聞いてもらう
  • 今の職場にとどまる理由を考える
  • 環境を変える

 

理由と対策法を知ることがは大切ですが、「実際に行動する」はもっと重要です。

 

以下の記事では、「歯科衛生士が人間関係のよい歯科医院をみつける方法」を解説しています。

 

嫌いな院長のもと、「ギリギリの気持ち」で働いている歯科衛生士さんはぜひご覧ください ▼

 

 

歯科衛生士の「人間関係の悩み」について深掘りするのもオススメです。

 

詳しくは、歯科衛生士が抱える人間関係の悩みと解決法 で網羅的に紹介しているので、あわせて読んでみてください。

 

 

最後に、

 

  • 自分の身体と心が1番大事
  • 歯科衛生士は必要とされている

 

…ということは忘れないでくださいね。

 

ステキな職場で働くことができますように!今回は以上です。

 

✔︎ 歯科衛生士におすすめの転職サイト

転職サイト特徴おすすめポイント公式サイト
🥇 ファーストナビ・歯科衛生士の4人に1人が利用
・職場の雰囲気が事前にわかる
・強引な転職斡旋なし
人間関係が事前にわかるので
1番オススメ
\登録はこちら/ 
🥈 デンタルワーカー・年間転職成功者3万人
・転職のプロによるサポート
・就職後の悩み相談を受け付け
高待遇の求人が多いので
転職に成功しやすい
\登録はこちら/
🥉 歯科転職ナビ・利用者満足度 98.2%
・転職の悩み相談ができる
・適正給与を教えてくれる
連絡はLINEが中心
マイペースで就活できる
\登録はこちら/

 

✔︎ この記事を書いたひと
しろたぬ

複数の歯科医院ではたらく歯科医師/ライター
今まで100人以上の歯科衛生士さんと仕事を経験。採用する側として「歯科衛生士転職」の内情に精通。歯科について呟く Twitter は1.1万人フォロワー。

しろたぬをフォロー
スポンサーリンク
スポンサーリンク
人間関係
歯科衛生士の転職ドットコム