【比較あり】歯医者がおすすめする洗口液(マウスウォッシュ) 3選

 

おすすめの洗口液(マウスウォッシュ)が知りたいひと「おすすめの歯磨き粉をしりたいな。自分にあった歯磨き粉ってあるのかな。選ぶ基準があれば教えてほしい。」

 

こういった疑問に答えます。

 

✔︎ 本記事の内容

・洗口液の選び方

・オススメの洗口液 3選

・つかうときの注意点

 

 

しろたぬ
しろたぬ

この記事を書いている私は歯科医師です。

 

いつもは Twitterで医療と介護の情報を呟いています。

 

ありがたいことに、1万人以上の方にフォローしてもらってます。

 

口は「食べる」「笑う」「話す」といった生きるために必要な、身体の機能です。

 

近年はオーラルケア、口腔ケアの大切さが少しずつ浸透してきました。

 

そんな中で今回は「ニーズ別に3つ」洗口液を紹介します。そもそもどうやって選ぶべきか…という話から、おすすめ3つを解説します。

 

すべて実際に使用したものを紹介します。

 

この記事を読むと、自分にあった洗口液がみつかります。

 

もくじ

 

スポンサーリンク

洗口液(マウスウォッシュ)の選び方

洗口液とは?

 

洗口液とは、歯磨きのあとにすすぎで使う液体の薬品です。別名「マウスウォッシュ」 。

 

むし歯や歯周病、口臭の予防に効果があります。

 

世の中のオーラルケア製品には「洗口液」 と 「液体ハミガキ」の2種類があります。

 

・洗口液=マウスウォッシュ:歯磨きのあとにすすぎで使うもの

・液体歯磨き=デンタルリンス:歯磨き中につかうもの

 

上記の通りです。

 

用途を間違えないように気をつけましょう。

 

✔︎洗口液と液体歯磨きを見分ける方法

 

商品の裏面をみてください。

 

洗口液はその名の通り「洗口液」と記載されています。液体歯磨きは「液体歯磨」または「デンタルリンス」と記載があります。

 

この違いで見分けるようにしましょう。

 

選び方のポイントは2つ

 

ポイントは2つです。

 

・含まれる成分

・アルコールの有無

 

選び方は上記の2つが基準になります。

 

✔︎含まれる成分

 

洗口液は、「医薬部外品」を選びましょう。「化粧品」と「医薬部外品」にわかれています。

 

殺菌成分や、口臭防止の成分がふくまれるのは「医薬部外品」です。

 

✔︎アルコールの有無

 

アルコールの少ない、もしくはノンアルコールの商品を選びましょう。

 

とくにノンアルコールは低刺激で、口に優しいです。

 

逆に、大量のアルコールは刺激や乾燥につながります。

 

 

※ ニッチすぎる洗口液はオススメしません。

 

あまり世の中に出回っていない洗口液もありますが、あまりおすすめしません。その理由は需要が低いから。

 

せっかく使い始めたのに、薬局やネットで買えなくなってしまったら意味がありません。無難に有名どころからはじめるのがよいです。

 

【比較あり】歯医者がおすすめする洗口液(マウスウォッシュ) 3選

 

いま紹介した条件を満たす商品を紹介します。

 

歯医者がおすすめする洗口液(マウスウォッシュ)3選

 

つぎのとおりです。

✔︎【歯医者がおすすめする洗口液(マウスウォッシュ)3選】

コンクール F:殺菌作用をもとめる方。

モンダミン プレミアムケア センシティブ:低刺激をもとめる方

リステリン トータルケアプラス:即効性を重視したい方

 

 

コンクールF は、殺菌作用のつよい歯科専売の洗口液です。

 

モンダミンとリステリンは国内でもシェアの大きい洗口液なので、どこでも買うことができます。

 

自分にあったものから試してみてください。

 

「コンクールF」 と「モンダミン プレミアムケアセンシティブ」の比較

 

むし歯や歯周病を徹底的に予防したい…というひとはコンクールF…です。

 

とにかく刺激は小さめに…という人なら、ノンアルコールのモンダミンがおすすめです。

 

とはいえ、せっかく洗口液を使うなら、殺菌効果の高い方が良いかな…と思います。なのでまずはコンクールF をおすすめします。

 

このあたりは個人差がありますね。

 

コンクール F:歯医者がおすすめ。殺菌作用をもとめる方。

 

モンダミン プレミアムケア センシティブ:女性やこどもに。低刺激をもとめる方。

 

※ コンクールF はAmazonやYahooショッピングでの洗口液売れ筋ランキング1位です。

 

すべての薬局で売っているわけではないので、近くの歯医者かネットでの購入がオススメです。

 

コンクールFの詳細は【口コミ最強のマウスウォッシュ】コンクールF を歯医者が徹底レビューを参考にしてください。

 

「リステリン トータルケアプラス」はだれにおすすめ?

 

すぐに口臭を消したい!…のような、とにかく即効性を求める方。

 

リステリントータルケアプラスは刺激が少ないノンアルコールタイプです。

 

ミントの爽快感が強く、素早い効果を期待できます。

 

小さいボトルがついているので、携帯用にも便利です。

 

リステリン トータルケアプラス:口臭を素早く消したい方

 

洗口液を使うときの注意点

歯磨きを疎かにしない

 

洗口液だけでは、虫歯や歯周病を予防することはできません。

 

歯磨きで汚れをこすり落とすことが、予防の第一歩です。

 

洗口液を過信せず、毎日のブラッシングをしっかりおこないましょう。

 

使い過ぎない

 

使用頻度を守って使いましょう。

 

過度の使用は、粘膜が荒れたり、唾液が減少する恐れがあります。

 

口臭や歯周病が気になるからといって、頻繁に洗口することはやめましょう。

 

災害時に役に立つ

 

災害時に洗口液は役に立ちます。

 

災害時には生活が不規則になり、肺炎やインフルエンザ、風邪などの呼吸器感染症が起こりやすいです。

 

その予防として、口を清潔にする…は重要です。

 

歯ブラシと一緒に、洗口液を入れておくようにしましょう。

 

まとめ:洗口液(マウスウォッシュ)のコスパはよい

 

以上、3つの洗口液をまとめました。

 

紹介した洗口液はどれも 800〜1,400円 ほどかかります。

 

ですが、実際に歯が悪くなって歯医者に通うことを考えると、圧倒的な節約になるはずです。

 

歯にかかるコストの感覚は以下のとおりです。

 

・白い被せ物:4万円以上

・インプラント:20万円以上

・入れ歯:高いものだと100万円

 

とはいえ繰り返しになりますが、いくら殺菌作用のある洗口液でも、汚れそのものを落とす効果はありません。

 

むし歯や歯周病を予防する最強の方法は、しっかり『歯磨き』することです。

 

そのため洗口液を過信せず、歯磨きの後の仕上げとして使用するようにしてみてください。

 

こういったアイテムはまず使ってみるのが一番です。

 

1本携帯しておくと災害時の口腔ケアにも役立ちます。ぜひこの機会に試してみてください。

 

自分にあった洗口液(マウスウォッシュ)をみつけましょう。

 

✔︎【記事で紹介した洗口液 リスト】

コンクール F:歯医者がおすすめ。殺菌作用をもとめる方。迷ったらこれから。

 

モンダミン プレミアムケア センシティブ:女性やこどもに。低刺激をもとめる方

 

リステリン トータルケアプラス:素早い効果。即効性を重視したい方

 

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
生活
スポンサーリンク
しろたぬ Web