【必見】訪問歯科診療の料金・費用をすべて紹介します【料金表つき】

訪問歯科診療の料金を知りたい方へ。

 

・訪問歯科診療を依頼すると、費用はどのくらいかかるのかな

・訪問歯科診療の料金って高そうで心配…

・交通費やキャンセル料は発生するの?支払い方法は?

 

本記事ではこういった疑問にこたえます。

 

本記事の内容

 

この記事を書いている私は、認知症や高齢者の方の治療を専門する歯医者です。

 

毎日、患者さんの自宅や老人ホームに訪問しつつ、Twitterで情報発信しています。

 

記事の信頼性担保につながれば嬉しいです。

 

1分ほどで読み終わりますが、記事の最後にすべてまとめて載せていますので、忙しい方はそちらからどうぞ。

 

『家族が認知症かも?と思ったらすぐにやってほしいこと

・医師の診察(近所の内科でOK)をうける
・地域包括支援センターに相談する
・家族内で役割を決める
・歯の治療をする

早めの診察で改善が見込める場合があるのでスピード勝負。
一人で抱え込まず、頼りまくるの大事です。周りの知恵は力になる』

 

 

スポンサーリンク

【必見】訪問歯科診療の料金・費用をすべて紹介【料金表つき】

f:id:prandium:20201015211759j:plain

 

結論からいうと、以下の通りです。

 

✔︎【訪問歯科の料金表】

✔︎ 【1回の診察費】

1人のみ診療1,100〜1,300円
複数診療200円〜300円

✔︎【訪問歯科診療の治療費 】

歯石の除去1回120〜700円
むし歯治療(小さめ)1本200〜500円
むし歯治療(大きめ)1本500〜4,000円
神経の治療1本100〜1,000円
抜歯1本250〜1,000円
銀歯の作製1つ2,000〜4,000円
総入れ歯の作製1つ4,000〜7,000円
部分入れ歯の作製1つ2,000〜5,000円
入れ歯の修理1つ400〜4,000円
入れ歯の調整1回100〜200円
嚥下検査、訓練1回400〜2,000円

✔︎【1回の指導費】

医療保険の場合300円〜700円
介護保険の場合300円〜1,000円

(※上記はすべて1割負担の場合)

 

わかりやすく説明していきます。

 

訪問歯科診療の料金は以下の式で成り立っています。

 

訪問歯科診療の料金 = 「診察費」+「治療費」+「指導費」

つまり、訪問歯科診療の料金は大きく次の3つから成り立ちます。

 

①:診察費

②:治療費

③:指導費

 

この3つの費用の合計が、訪問歯科診療にかかる料金ですので、それぞれ深掘りしていきます。

 

※ 保険証1割負担を想定して紹介します。3割負担の人は×3の料金がかかります。

 

訪問歯科診療の料金 ①:診察費

 

診察費は1回ごとにかかる料金です。

 

✔︎ 【1回の診察費】

1人のみ診療1,100〜1,300円
複数診療200円〜300円

(1割負担の場合)

 

基本料金と考えてください。

 

国民健康、社会保険、高齢者医療保険の医療保険がそれぞれ適応になります。

 

同じ建物の中で何人診察するかで基本料金が変わるのが特徴です。

※ 3割負担の人は×3の金額負担

 

訪問歯科診療の料金 ②:治療費

 

治療費は具体的に治療をおこなった際に発生する料金です。

 

✔︎【訪問歯科診療の治療費 】

歯石の除去1回120〜700円
むし歯治療(小さめ)1本200〜500円
むし歯治療(大きめ)1本500〜4,000円
神経の治療1本100〜1,000円
抜歯1本250〜1,000円
銀歯の作製1つ2,000〜4,000円
総入れ歯の作製1つ4,000〜7,000円
部分入れ歯の作製1つ2,000〜5,000円
入れ歯の修理1つ400〜4,000円
入れ歯の調整1回100〜200円
嚥下検査、訓練1回400〜2,000円

(1割負担の場合)

 

診察費と同じで国民健康、社会保険、高齢者医療保険の医療保険が適応です。

 

訪問診療を始める前に、無料で検診する病院もあります。

※ 3割負担の人は×3の金額負担

 

訪問歯科診療の料金 ③:指導費

 

指導費は、治療の際にブラッシング方法やリハビリを指導されたときに発生する料金です。

 

✔︎【1回の指導費】

医療保険の場合300円〜700円
介護保険の場合300円〜1,000円

(1割負担の場合)

 

医療保険か介護保険のどちらかが適応です。

 

どちらが適応するかというと、住んでいる場所で決定します。

 

医療保険が適用:病院・特別養護老人ホーム・介護老人保健施設

介護保険が適用:自宅・軽費老人ホーム・有料老人ホーム・サービス付高齢者向け住宅・小規模多機能型居宅介護・グループホーム

 

指導費は、医療保険か介護保険のどちらかしか使えません。

 

そのため医療保険が使える条件では、介護保険は使えません。

※ 3割負担の人は×3の金額負担

障害者、生活保護は料金は発生しない

 

生活保護を受給している方は料金は発生しません。

 

障害者手帳を持っていて「心身障害者医療費助成申請書」を自治体に提出済みの方は、原則無料です。

 

立替払いとなる地域もありますが、その場合は後日自治体より返金されます。

 

ただし、介護保険に関しては他の医療保険で費用が発生しない方でも、料金が発生します。

 

訪問歯科診療の料金【具体例】

 

実際の例を紹介します。

 

✔︎ 具体例1後期高齢者(1割負担)、自宅、入れ歯が痛い

自宅で入れ歯の調整をして、取り扱いなどを説明した場合。

 

1,100円(診療費)+ 200円(治療費 入れ歯の調整)+ 1,000(指導費)= 2,300円

 

料金は2,300円。

✔︎ 具体例2後期高齢者(3割負担)、特別養護老人ホーム、歯を抜く

老人ホームで歯を抜いて、抜歯後の注意を説明した場合。歯科医師が同一老人ホームで複数人の患者を診察。

 

300円(診療費)+ 1,000円(治療費 抜歯)+ 700(指導費)= 2,000円

 

ただし3割負担なので ×3で料金は6,000円。

✔︎ 具体例3生活保護、サービス付高齢者向け住宅、小さめの虫歯治療

生活保護の方、サービス付高齢者向け住宅でむし歯を治療して、歯磨き指導した場合。歯科医師が同一老人ホームでこの患者のみ(一人のみ)を診察。

 

1,100円(診療費)+ 500円(治療費 むし歯)+ 1,000(指導費)= 2,600円

 

ただし生活保護なので診療費、治療費は無料。ただし介護保険は料金が発生する。

 

つまり負担額は1,000円。

✔︎ 具体例4障害者、入院先の病院、歯石の除去

障害者手帳を持っている方、入院先の病院で歯石を取り、歯磨き指導した場合。歯科医師が同一病院内でこの患者のみ(一人のみ)を診察。

 

1,100円(診療費)+ 700円(治療費 歯石の除去)+ 1,000(指導費)= 2,800円

 

ただし障害者手帳をもっているので診療費、治療費、指導費は無料。

 

つまり負担額は0円。

同一建物の受診人数や、口腔内の状況によって費用に多少の前後はあります。

 

また保険制度の都合上、微妙に価格が変動することがあります。

 

【訪問歯科診療でよくある質問】交通費、キャンセル料金、費用の支払い方法

f:id:prandium:20201015211446j:plain

訪問歯科診療の料金に関してよくある質問を解説します。

 

交通費はかかる?

 

交通費はかかりません。

 

ガソリン代などのような料金も一切かかりません。

 

訪問歯科診療では、診察費、治療費、指導費以外の費用はかかりません。

 

キャンセル料金は発生する?

 

キャンセル料金は発生しません。

 

訪問歯科診療をうける対象となる方は、持病をもっていたり認知症だったりと、通院困難な人です。

 

>>参考:「訪問歯科の対象者」をわかりやすく解説します【利用条件はゆるめ】

 

そのため、当日体調が悪くなる、入院するのような状況になることがあります。

 

キャンセルは普通に起こりうることです。

 

治療の頻度はどのくらい?

 

治療の頻度は、基本的に週に一度が多いです。

 

口の状況や治療計画によって異なります。

 

>>参考:訪問歯科診療の頻度について解説します【治療の期間・回数も紹介】

 

訪問歯科診療の費用の支払い方法

 

訪問歯科診療の費用の支払い方法は主に以下の3つです。

 

【訪問歯科診療の費用の支払い方法】

・振り込み
・直接手渡し
・口座振替(引き落とし)

 

費用の払い方は病院によってちがいます。

 

月ごとに精算されます。

 

料金は月末じめ翌月払いです。

 

まとめ:訪問歯科診療の料金・費用【料金表つき】

f:id:prandium:20200923175534j:plain

 

今回の記事をまとめます。

 

訪問歯科診療の料金は「診察費」「治療費」「指導費」の3つの合計から成り立ちます。

 

✔︎ 訪問歯科診療の料金

訪問歯科診療の料金 = 「診察費」+「治療費」+「指導費」

 

それぞれの料金は以下の通りです。

 

✔︎ 【1回の診察費】

1人のみ診療1,100〜1,300円
複数診療200円〜300円

✔︎【訪問歯科診療の治療費 】

歯石の除去1回120〜700円
むし歯治療(小さめ)1本200〜500円
むし歯治療(大きめ)1本500〜4,000円
神経の治療1本100〜1,000円
抜歯1本250〜1,000円
銀歯の作製1つ2,000〜4,000円
総入れ歯の作製1つ4,000〜7,000円
部分入れ歯の作製1つ2,000〜5,000円
入れ歯の修理1つ400〜4,000円
入れ歯の調整1回100〜200円
嚥下検査、訓練1回400〜2,000円

✔︎【1回の指導費】

医療保険の場合300円〜700円
介護保険の場合300円〜1,000円

(※上記はすべて1割負担の場合)

 

訪問歯科診療は、通常の外来診療に比べると2〜3割ほど多く費用がかかります。

 

それでも寝たきりや認知症で通院が難しい人のように、自宅で受けられるメリットが大きい状況の方もいます。

 

介護する側にとっても、介護タクシーを利用したり、付き添いをすることを考えると、時間と料金、体力を節約できると思います。

 

迷ったらぜひ、訪問歯科診療を利用してみてください。

 

今回は以上です。

 

>>参考:「訪問歯科の対象者」をわかりやすく解説します【利用条件はゆるめ】

未分類
スポンサーリンク
しろたぬ Web