【なぜ必要?】歯磨きの目的を解説します【すべては美味しくたべるため】

この記事を書いている私は歯医者です。

 

先日に下記のTweetをしました。

 

『なぜ歯磨きするかというと、歯の汚れを落としてむし歯や歯周病を予防するためです。でもさらにその先には「美味しくゴハンを食べる」という超重要な目的がある。
痛みや腫れは味を消失させるし、そもそも歯があるからこそ噛める。入れ歯になると噛む力は50%以下になります。歯磨きは食べる楽しみを守る』

本記事では上記の内容を深掘りしつつ、解説します。

 

歯磨きの目的を知りたい方」へむけた内容です。

 

本記事の内容

・歯磨きってなぜ必要なんだろう

・歯磨きの目的を知りたい

・歯磨きはめんどくさい…習慣化できるかな

 

それでは書いていきますね。1分くらいで読み終わります。

 

スポンサーリンク

【なぜ必要?】歯磨きの目的

f:id:prandium:20201008220526j:plain

 

tweetの通りで、結論は次の通りです。

 

・汚れ(プラーク)を落とす

・むし歯・歯周病を予防して歯を残す

・美味しく食べる

 

歯磨きの目的はプラークの除去と言われていますが、その先にある重要な目的は「美味しく食べる」です。

 

歯磨きの重要な目的は「美味しく食べる」

繰り返しになりますが、歯磨きの重要な目的は「美味しく食べる」です。

 

歯がなければ噛むことはできません。

 

歯磨きはその大切な歯を守るための、一番身近で一番効果的な手段です。

 

虫歯や歯周病で歯を失ってしまうと、噛むことができず食事が美味しくなくなります。

 

特にステーキやリンゴのような、かぶりつく食べ物には歯が必要です。

 

歯磨きでプラークを除去する歯周病とむし歯を予防する

歯医者的な視点で言えば、歯磨きの目的は歯垢(プラーク)の除去です。

 

その結果、むし歯や歯周病を予防することができます。

 

むし歯や歯周病の原因は細菌です。

 

この細菌の塊であるプラークを磨き落とすことで、物理的に予防することができます。

 

これらの細菌は3日ほど経つと悪さを始めるので、それまでに徹底的に起きることが重要です。

 

特に汚れが溜まりやすい場所である「歯と歯の間」「歯と歯ぐきの境目」を意識して磨くことが大切です。

 

『今まで気合いと根性で乗り切ってきた人でもむし歯と歯周病だけはどうにもなりません。むし歯の痛みを放置すると手遅れになるし、歯は歯周病で簡単に抜け落ちます。
これを防ぐ効果的な方法は歯磨き。意識してほしい場所は「歯と歯ぐきの境目」「歯と歯の間」の2つ。正しい歯磨きは自分への投資です』

 

歯磨きしないとどのくらい不便になるか

歯磨きをしないと想像を絶する不便さです。

 

なぜなら歯にトラブルがあると、歯のことしか考えられないからです。

 

むし歯を経験した人ならわかると思いますが、歯が痛いと味を感じないところか食事を楽しむことができません。

 

歯ぐきが腫れているような場合もズキズキじくじく痛むので集中できません。

 

歯がなくなって入れ歯になると天然の歯と比べて噛む力は30%から40%まで低下します。

 

今の半分以下の力でしか噛むことができないので、かなり不便です。

 

歯磨きがめんどくさい人こそ「歯磨きの目的」を忘れずに

f:id:prandium:20201008220553j:plain

 

「美味しく食べる」をずっと続けるために、 歯磨きを習慣化しましょう。

 

歯磨きをめんどくさいと思う人ほど、歯磨きの目的が「美味しく食べ続けるため」ということを忘れないようにしてください。

 

歯磨きの習慣化

歯磨きの習慣化は、将来ずっとご飯を美味しく食べるために必要です。

 

歯磨きする習慣がないと、虫歯や歯周病になるリスクが大幅に上がります。

 

毎日食事が終わったらすぐに磨く、ということを意識しましょう。

 

それでも面倒くさいと思う人はお風呂に歯磨き置いたり、ベッドサイドにコップと歯磨きをおいたりして、とにかく強制的に習慣化するのをオススメします。

 

一度習慣化してしまえば息を吸うように歯磨きするようになります。

✔︎子供への歯磨きの習慣化は大事

6歳くらいの生え変わりの時期に歯磨きを習慣化することは大切です。

 

大人が楽しく歯磨きしている姿を見せると、子供も真似して歯磨きするようになります。

 

歯磨きの効果的を劇的にあげるグッズ

歯磨きを効率的に、そして効果的におこなうために、便利なグッズを紹介します。

 

いままで色々な商品を試しましたが、歯科専門のグッズがベストだと思います。

 

成分がしっかりしていますし、何より歯医者自身が使っている率が高いので安心です。

 

歯ブラシ歯磨き粉をひとつづつ紹介しておきます。

 

✔︎【おすすめの歯ブラシ】

歯ブラシは毛先の柔らかいものがオススメです。

 

歯医者で使われている歯ブラシのうち「タフト24 歯ブラシ スーパーソフト」は触り心地が気持ち良いです。

 

柔らかい歯ブラシは磨いた気がしないかもですが、すぐに慣れます。

 

 

歯ぐきを傷つけずに磨くことができます。

✔︎【おすすめの歯磨き粉】

歯磨き粉は歯医者でも使われている「ウェルテック ジェルコートF 90g」が理想です。

 

殺菌成分が強く、細菌に効果があります。

 

ただ1,400円ほどと少しお高めなので、市販のものでフッ素が1400ppm以上のものであればOKです。

 

詳しくは【口コミNO.1】コンクール ジェルコートF を歯医者がレビューするで解説しています。

 

また、オススメの歯磨き粉は比較あり:歯医者がおすすめの歯磨き粉 5選【目的別ランキング】で紹介しているので、あわせてどうぞ。

 

ネット最安値 >> ウェルテック ジェルコートF 90g

1本のみ購入する場合でのネット最安値の商品には、タフトブラシという歯ブラシがついています。

 

>>参考:【すごい…】タフトブラシの効果・使い方【特徴は磨き残し撲滅です】

 

一番奥歯の裏側を磨くことのできるので、1本もっているとわりと便利です。

✔︎【歯磨きがめんどくさい人は電動歯ブラシ】

どうしても歯磨きが面倒という人もいます。

 

適当に磨くくらいなら電動歯ブラシがオススメです。

 

とはいえ、1万円以上するのものも多く、普通の歯磨きがコスト的には有利ですので、どうしても面倒という人だけお試しあれ。

 

歯科でオススメするのは「プリニア スマート」です。

 

電動歯ブラシの中では10,000円以下と比較的安価で、性能が良いです。

 

定期的な歯科検診

定期的に歯科検診を受けるのは強くお勧めします。

 

毎日の歯磨きの結果をチェックできます。

 

定期的に歯医者でチェックしてもらうことは、磨き残しを知り、むし歯を発生させないことにつながります。

 

だいたい季節ごとの検診になることが多いですが、状態がよければ半年ごとの人もいるので、まずはそこを目指しましょう。

 

『残業してるからといって仕事の完成度が高いわけではないですよね。歯磨きも同じで、大切なのは「磨いてる時間」ではなく「質」です。質を高めるには歯ブラシや歯磨き粉のおすすめを調べるより、歯医者でブラッシング指導をうけるのが1番効率的で費用対効果も高い。結果はすべて自分に返ってきます』

 

歯医者は痛くなってからいくよりも、痛くなる前に行く方が効果的です。

 

歯磨きの目的「美味しく食べる」を達成するために

f:id:prandium:20201008221134j:plain

 

今回の記事をまとめます。

 

✔︎歯磨きの目的

・汚れ(プラーク)を落とす

・むし歯・歯周病を予防して歯を残す

・美味しく食べる

 

歯磨きする最重要な目的は「美味しく食べること」です。

 

今は当たり前に食べられているものも、歯が悪くなると食べにくくなります。

 

歯磨きは食べる楽しみを守るための手段です。

 

天然の歯はむし歯になると他の材料で修復することはできても、元には戻りません。

 

ですが、一度にむし歯になった人でも諦めなくて大丈夫です。

 

むしろ虫歯になった経験を活かしてもうあんな思いはしないようにしましょう。

 

治療には時間もお金もかかります。

 

歯磨きをしないことは、人生において非効率以外の何者でもありません。

 

天然の歯は宝物です。その宝物を守る一番効果的な方法は歯磨きです。

 

今ある歯を今日から大切にしていきましょう。

 

今回は以上です。

 

✔︎今記事で紹介した歯磨きの効果を激増させるグッズ

タフト24 歯ブラシ スーパーソフト

 

ウェルテック ジェルコートF 90g

 

プリニア スマート

 

 

 

未分類
スポンサーリンク
しろたぬ Web