【グッピーだけじゃダメ】歯科衛生士の転職には3つの求人サイトを使うべき理由

 

転職を考えている歯科衛生士「転職したいけど、希望する条件に合う求人が見当たらない。グッピーばかり出てくるけど、毎回同じ感じだな。どうやったら自分にマッチした求人を見つけることができるかな。」

 

本記事ではこういった内容を解説していきます。

 

本記事の内容

 

この記事を書いている私は歯科医師です。

 

友人と共同でクリニック経営に携わっていて、毎日のように介護施設や精神病院、急性期の病院や障害者施設にいって訪問歯科診療をしています。

 

これまで100人以上の衛生士さんと一緒にお仕事してきまして、たくさんの入局と退職を身近でみています。

 

この経験をもとに、衛生士さんの転職情報をシェアします。Twitterで情報発信しているので一応信頼の担保になると嬉しいです

 

 

『介護や医療って、需要があるのに人手不足の業界といわれます。エラい人はもちろんご存知だと思いますが、基本的に需要というのは「必要なのでキチンとお給料を払います。休みもあります」という上に成り立つもので、「必要だけどお金は渋ります。休日は返上してください」というのは需要と呼びません』

 

スポンサーリンク

自分にマッチした求人の見つけ方

f:id:prandium:20200730174530j:plain

 

結論からいうと、自分にマッチした求人を見つける近道は複数の求人サイトを利用することです。

 

といっても歯科衛生士向けの求人サイトは山ほどあるので、その中で登録するべき求人サイトを3つ紹介します。

 

✔︎【衛生士が登録すべき求人サイト】グッピー + 2選

グッピー | ※ 歯科業界では老舗。会員登録でスカウト機能や、独自の適性診断機能が利用可能

ジョブメドレー | ※ 細かい条件で検索できる。登録で希望にあった新着求人のみをメール受信できる

ファーストナビ | ※ 求人数が日本最大級。会員登録で非公開求人が閲覧可能。内部情報に詳しい

 

「グッピー」は王道で、同時に「ジョブメドレー」と「ファーストナビ」の利用が効果的です。

 

それぞれ特徴がありますので、これで網羅できます。

 

結局はタイミングの問題

 

どんなに求人サイトが素晴らしくて、どんなにエージェントが賢くても、求人先の病院が微妙だったらあまり意味がないですよね。

 

マッチする求人に出会うかどうかはタイミングの問題なので、最終的な判断はあなたがしなければいけません。

 

そのためにも求人サイトは効率的に使い倒しましょう。闇雲に探すのは時間の無駄です。

 

まずサイトに登録してみて、求人の案件の詳細をチェックしてみて、 メールでやり取りしてみて面接話を聞いてみて…こういうプロセスの中で判断していくことが重要です。

 

求人数は正義

 

とはいえ求人数の多いサイトを利用することは絶対条件です。

 

病院としては一つの求人サイトにしか登録してないことはあるので、 それを網羅するために求人サイトを併用することが、 マッチした求人に出会うための可能性を大幅に高くします。

 

病院側の立場になるとわかりますが、人を雇うコストっていうのは結構かかるので、何個も求人サイトに登録することは現実的ではないです。

 

そのため”自分から選びに行く”という姿勢は重要です。

 

求人サイトに騙されない

 

求人サイトを見ていると何度も表示される求人とか、魅力的に見える病院情報が出てきます。

 

病院側は求人サイトにお金を払えば、自分の求人を上位に出すことができるので、求人サイトでよく見かける求人があなたにマッチした求人とは限りません。

 

むしろ逆のことが多いかも…。

 

求人サイト側としても、あなたに転職してもらうことが利益につながるので、一方的に言いなりになってはいけません。

 

言いなりにならないためには簡単で、自分の条件や価値観をしっかり持つことです。

 

そのうえで、自分の条件や価値観で検索できる求人サイトを使って、自分に必要な情報のみを受け取るように設定しましょう。

 

求人サイトに登録することで(無料&匿名でできます)自分に必要な情報のみを受け取ることができるので、いちいちチェックする手間も省くことができます。

 

【おすすめの求人サイト】グッピー + 2選

f:id:prandium:20200730174817j:plain

✔︎【衛生士が登録すべき求人サイト】グッピー + 2選

グッピー | ※ 歯科業界では老舗。会員登録でスカウト機能や、独自の適性診断機能が利用可能。

ジョブメドレー | ※ 細かい条件で検索できる。登録で希望にあった新着求人のみをメール受信できる

ファーストナビ | ※ 求人数が日本最大級。会員登録で非公開求人が閲覧可能。内部情報に詳しい。

 

それぞれの求人サイトの特徴をつかみつつ、検索しましょう。

「グッピー」の特徴

 

歯科業界では老舗の求人サイト。

 

適性診断を利用すると自分の適性を把握できるので、転職活動に活かすことができます。

 

病院の採用担当からスカウトがくることがあります。

 

「ジョブメドレー」の特徴

 

とにかく検索条件が豊富なので、細かい条件で検索できるのが特徴です。

 

登録すると、希望条件にあった新着メールを受け取ることができます。

 

いちいちサイトを確認しにいく必要がなく、求人の見逃しもなくなります。

 

>>参考:歯科衛生士求人サイト「ジョブメドレー」を徹底解説【デメリット・退会方法まで】

 

「ファーストナビ」の特徴

 

専門のエージェントが転職活動のすべてを代行してくれます。

 

登録すると、電話かメールでエージェントとやりとりをして、自分の希望を伝えればあとはお任せです。

 

病院の内部情報に詳しいことがファーストナビのウリのなので、事前に院長の性格や、病院の雰囲気などを知ることができます。

 

人間関係を確認したい人にはかなりありがたいです。

 

求人サイトは最初から登録して利用する。

 

求人サイトで転職する場合、最終的にはかならず登録して使うことになります。

 

登録しないで使っている衛生士さんがいますが、 いずれ登録するのであれば、最初から登録して利用しましょう。

 

繰り返しになりますが、求人サイトを使い倒すことは転職の成功のために重要です。

 

新着メール設定をするだけでも、探す手間が本当に省けます。

 

まずは行動。考えつつ動きましょう。

f:id:prandium:20200730174246j:plain

 

今回の記事をまとめます。

 

何でもそうですが、まずは行動しないと何も変わりません。

 

今回紹介した求人サイトを使うタイミングがいつかと言われれば、思い立った今が一番正解です。

 

転職活動は面倒に感じるかもしれませんが、自分のスキルアップや給料アップ、なにより働きやすい環境を目指すために少し歯を食いしばる期間も必要です。

 

まずは行動してみて、その後動きつつ考えましょう。

 

歯科衛生士向けの求人サイトは一度登録してしまえば、後はメールを確認して、「ここで働きたい」「ちょっと興味ある」みたいに感じた病院に応募するだけです。

 

紹介した求人サイトの登録はそれぞれ1分で終わるので、是非この機会に行動してみてください。

 

よい転職になります様に!今回は以上です!

 

✔︎【記事で紹介した衛生士向け求人サイト】グッピー + 2選

グッピー | ※ 歯科業界では老舗。会員登録でスカウト機能や、独自の適性診断機能が利用可能。

ジョブメドレー | ※ 細かい条件で検索できる。登録で希望にあった新着求人のみをメール受信できる

ファーストナビ | ※ 求人数が日本最大級。会員登録で非公開求人が閲覧可能。内部情報に詳しい。

 

✔︎ 【記事で紹介した求人サイトをしっかり比較したい方へ】
【失敗しない転職】歯科衛生士向けの求人サイトを3種類比較した【おすすめは全部】

 

 


未分類
スポンサーリンク
しろたぬ Web