【歯科医師の転職】訪問歯科に強い求人サイト3選【バイトでもニーズあり】

 

訪問歯科に転職を考えている歯科医師の先生へ。

 

・訪問歯科に転職したい。

・訪問歯科でオススメの転職サイト、エージェントを教えて欲しい。

・転職前に気をつけるポイントとかも知っておきたい。

 

本記事ではこういった疑問にこたえます。

 

本記事の内容

 

この記事を書いている僕は歯科医師です。

 

現在、毎日のように介護施設や精神病院、急性期の病院や障害者施設で診察する傍ら、大学で高齢者歯科の講義を担当しています。

 

専門は摂食嚥下です。何回か転職を経験して、そのたびに精神的にかなり疲労して、大変な思いもしました。

 

こういった背景から語ります。Twitterで情報発信しているので、信頼性担保につながれば嬉しいです。

 

 

『いまは忙しいから読書やゲームは老後にのんびり…みたいな考えはけっこう危険です。暇な老後が存在する保証なんてないし、老眼と弱った足腰では今ほどどっぷりハマれない可能性がわりとあります。
本当にやりたいことがあるなら、ガマンなんかせずに今やるべきではなかろうか』

 

スポンサーリンク

訪問歯科に強い歯科医師向け求人サイト 3選

f:id:prandium:20200727212316j:plain

 

結論からいうと、どこのサイトも大差なしです。

 

大手を中心に登録しておけばOKです。

 

✔︎ 訪問歯科に強い求人サイト 3選

ファーストナビ | ※最大級の転職サイトなので求人数が圧倒的です。まずはここに登録しましょう。

グッピー | ※歯科業界で知名度高め。スカウト機能や、独自の適性診断機能を使うことができます。

イーデンティスト | ※老舗求人サイト。求人数は少なめですがエージェントの面接同行が可能です。

 

結局はタイミング

 

どんなに素晴らしい求人サイトであろうと、どんなにエージェントが優秀であろううと、求人先が微妙だったらあまり意味がないですよね。

 

ですので、その瞬間のタイミングがすべてです。

 

まずは求人サイトに登録して、求人情報の詳細をチェックして、そこでエージェントに依頼したり 面接で話を聞いてみる…こういったプロセスを試したあと、最終的にあなたが判断しなければなりません。

 

求人先に選ばれるのではなく、求人先を選ぶという意識が大切です。

 

自分を良く見せていいところに転職したいというのは、半分正解で半分間違っています。そんなことをしても苦しむのはあなた自身です。

 

面接でよく見せるということ自体は否定しませんが、どうしても曲げられない価値観やスキルはしっかり主張しましょう。

 

求人数は大事

 

とはいえマッチングするためには、求人が存在しなければいけませんよね。

 

そのため求人サイトに登録されている求人数は重要です。

 

世の中には歯科医師向けの求人サイトは乱立しています。”歯科医師 求人”で検索するとわかりますが山のように出てきます。

 

ですが、病院側も複数のサイトに登録していることが多いので、求人サイトをシンプルに絞ることも効果的です。

 

今回紹介した3つのサイトは”訪問歯科”の求人も多く掲載されいる転職サイトなので、これだけで十分網羅することができます。

 

>>参考:歯科医師向け求人サイト3社を徹底比較した【転職体験からのおすすめ】

 

求人サイトに騙されるのはよくない

 

求人サイトを眺めているとよく目に付く求人があったり、人気のありそうな募集が飛び込んでくることがあります。

 

ですが「求人サイトで人気」=「あなたにマッチする職場」とは限りません。

 

求人サイトの中の人としては、あなたを転職させることで利益になりますので、いいなりになってはいけません。

 

私の友人はかなり大手の医療法人に転職しましたが完全なるオーバーワークで疲労困憊です。

 

以前はよくご飯に行っていたのですが、徐々に待ち合わせが遅くなって、最終的には22時くらいを提案されしばらくご飯に行けなくなりました。

 

転職前に気をつけるポイント

f:id:prandium:20200727212830j:plain

条件を決めておく

 

転職前に自分の条件を決めておくというのは大切です。

 

どうしても曲げられない条件は妥協するべきではありません。

 

お給料や勤務時間、距離など…プライベートと仕事のバランスは人によって違いますので、自分に合わせた条件をまず確立しておきましょう。

 

それを踏まえて「これだ」と思う病院を見つけたら、他の条件が足りなかったとしても行動してみるのがオススメです。

 

行動は無料で経験値を獲得するチャンスです。

 

よくある質問:特殊スキルがないけど大丈夫?

 

答えはイエスです。

 

訪問歯科を始めるにあたって、結構周りから聞かれる質問です。

 

訪問歯科では今までやってきたスキルを活かすことがなにより大切です。

 

補綴でも保存でも外科でも、何かしらやってきた経験を患者さんに還元することができるので、特殊スキルがなくても問題ありません。

 

近年の高齢化により訪問歯科のニーズは高まっています。

 

実際、表向きは経験者を募集している病院でも、 直接連絡をしてみたりエージェントに聞いてもらうと、面接に進めたりします。

 

誰もが最初は未経験です。僕もそうですが、僕の知り合いの先生も、未経験から始めて、いまは訪問歯科をバリバリやっています。

 

少し本題とはズレますが、もしどうしても何かプラスアルファで覚えておきたいという先生は「有病者の歯科治療」「嚥下の知識」あたりを読み込んでおくと幅が広がります。

 

※嚥下に関しては「認知症患者さんの病態別食支援: 安全に最期まで食べるための道標」が入門としては価格も内容もオススメです。

一般診療をメインにやってきた先生でもサクッと読めますので、まずはこの1冊だけで充分かと。

 

やめた後を考える

 

やめた後のことを考える…矛盾しているようですが、これは転職前に考えておくべきことです。

 

これから転職するのになぜやめた後のことを?と思うかもですがとても大切なことです。

 

前提として、病院はあなたを守ってくれません。

 

忠誠を誓えるような病院にであったとしても、将来雲行きが怪しくなったら、個人は切られます。

 

そのため病院=家族のような依存の仕方をしていると、もし病院が傾いたときに脱出できなくなってしまいます。

 

これを頭に入れつつ、将来自分がどうしたいかをボヤッとでもいいのでイメージしておきましょう。

 

働きつつ、稼ぎつつ、勉強をしつつ、将来のことを考える、という思考を常に持っているようにしましょう。

 

自分で稼ぐ力を身につければ、転職も開業も有利に進むことができます。

 

まずは行動。動きつつ考えるのがオススメです。

f:id:prandium:20200727213047j:plain

 

なんでもそうですが、まずは行動してみないと何も変わりません。

 

今回紹介した転職サイトを使うタイミングはいつかと言われれば、思い立った今が一番正解です。

 

転職活動はハードに感じるかもしれませんが、より良い転職自分のスキルアップを目指すために少し歯をくいしばることも必要です。

 

まずは行動して、そのあと動きつつ考えましょう。

 

歯科医師向けの求人サイトは1度登録してしまえば、後はメールを確認しつつ自分にマッチしたと思う病院に応募するだけです。

 

紹介した求人サイトの登録はそれぞれ1分程度で終わるので、是非この機会に行動してみてください。

 

✔︎ 訪問歯科に強い求人サイト【とりあえず登録する価値あり】

ファーストナビ | ※求人数が圧倒的に多い。会員登録で非公開求人の閲覧。専門のエージェントによる内部情報の提供。

グッピー | ※歯科業界で知名度高め。会員登録するとスカウト機能や、独自の転職適性診断機能をつかうことができる。

イーデンティスト | ※歯科業界の老舗。求人数はやや少ないが、会員になると面接に同行してもらうことができる

✔︎ 【記事で紹介した求人サイトの比較】
歯科医師向け求人サイト3社を徹底比較した【転職体験からのおすすめ】

✔︎ 【ファーストナビの体験、口コミ】
歯科医師の求人サイト「ファーストナビ」を徹底レビュー。【デメリットや退会方法も】

未分類
スポンサーリンク
しろたぬ Web