【給料が安い】歯科衛生士の年収・月収をあげる方法4選【月に数万円稼ぎつつ勝ち組をめざす】

 

給料を上げたい歯科衛生士「歯科衛生士だけど、給料安いかも…。高い給料をもらう方法を知りたい。平均の給料ってどれくらいなのかな…」

 

本記事ではこういった内容を解説していきます。

 

本記事の内容

 

この記事を書いている私は歯科医師です。

 

友人と共同でクリニック経営しています。高齢者歯科を専門にしていて、これまで複数の病院と関わってきました。

 

そのため100人以上の衛生士さんと一緒にお仕事してきました。この経験をもとに語ります。

 

普段はTwitterで医療と介護の情報を発信しています。記事の信頼性担保につながれば嬉しいです。

 

 

『高齢者にかかわる仕事をしていると「楽しみは老後にとっておこう」みたいな考えはけっこう危険だと感じる。
目が弱くなると読書やゲームは疲れるし、足腰が悪いと遠出も難しい。今やりたいこと、今しか体験できないことはすぐにでも計画するべき。それに、ヒマな老後が存在する保証なんてどこにもない』

 

 

スポンサーリンク

歯科衛生士の給料をあげる方法 4選【勝ち組をめざす】

 

衛生士さんの中には、給料が安いと思っていても、具体的にどうしたらよいかわからない…という人も多いです。

 

月に数万円、手取りが増えたら嬉しいですよね。結論からいうと以下の4つです。

 

✔︎歯科衛生士の給料をあげる方法 4つ

①:福利厚生を交渉

②:スキルアップ・資格取得

③:転職する

④:副業する

 

詳しく紹介していきます。

 

歯科衛生士の給料をあげる方法 ①:福利厚生を交渉する

 

病院の福利厚生を交渉する方法があります。

 

すぐにできるので、あまり手間はかかりません。

 

具体的には国民年金の人は社会保険に入れてもらう、家賃補助や住宅補助をつけてもらう、長く勤めていれば勤続手当を交渉してみる。

 

 

これだけで数万円手取りが増えます。

 

交渉するのはタダなので、できる範囲でやってみましょう。

 

歯科衛生士の給料をあげる方法 ②:スキルアップ・資格取得

 

衛生士としてのスキルアップは給料の上がる材料になります。

 

資格を持っていると根拠があるので、さらに評価がされやすくなります。

 

事実として認定されるので、重宝してくれる病院はあるはずです。

 

具体的な衛生士の資格をあげておきます。

 

・日本歯科審美学会歯科衛生認定士
・ホワイトニングコーディネーター
・インプラント専門歯科衛生士
・歯周病学会認定衛生士
・認定訪問歯科衛生士

 

ただし、これらの資格は取得までに時間がかかったり、テストがあったり、年会費が必要だったりすることがほとんどです。

 

当然、時間もかかります。

 

そのため闇雲にとるわけではなく、自分にとって必要なスキルを選んでじっくりとっていくのが理想です。

 

歯科衛生士の給料をあげる方法 ③:転職する

 

転職すると給料を上げることができます。転職には歯科衛生士向けの求人サイトが便利です。

 

求人サイトを使わないと正確な給料や労働条件の比較ができません。とはいえ、歯科衛生士向けの求人サイトは世の中に山ほどあります。

 

自分に合った求人サイトの選び方は歯科衛生士向け求人サイトの選び方+おすすめ3選【失敗したくない】で解説しています。

 

 

記事を読むのがめんどくさい人のために要約すると、「ジョブメドレー」と「ファーストナビ」というこの2つの転職サイトを利用しましょう。

 

求人数が多く、細かい検索ができて便利です。どちらも手数料無料で利用できます。

 

希望条件を登録しておくと、その条件にあった新着求人のみをメールで知らせてくれるので手間がすくなくオススメです。

 

求人情報を眺めておくだけで「いつでも転職できる」という状況を確認できるので、心の安定につながります。

 

歯科衛生士の給料をあげる方法 ④:副業する

 

副業することも給料を上げる方法のひとつです。

 

病院が終わった後や休日に副業をすることは、手取りを増やすことができます。

 

ただし労働時間が単純に増えるため、身体に疲労が出やすいのが欠点です。夜遅くなって遅刻したり、仕事に悪影響がでるのは結果として逆効果になります。

 

特に、皆勤手当のある病院では注意が必要です。

 

時間もなくなり、体力的にきついので、あまりオススメしません。

 

月の給料で30万、年収で400万以上の歯科衛生士をめざす【勝ち組への一歩】

f:id:prandium:20201129222402j:plain

 

衛生士として高給をめざすなら「月の給料で30万、年収で400万以上」をめざしましょう。

 

歯科衛生士の平均給料

 

厚生労働省 賃金構造基本調査によると、全国で働く歯科衛生士の平均給与は約26万円。

 

手取り月給に換算すると約24万円、ボーナスも含めた平均年収は約350万です。

 

そのため月の給料で30万、年収で400万以上が目標になります。

✔︎【年代別の平均年収・給料】

 

年代別の詳細がしりたい歯科衛生士さんは参考にしてください。

 

平均以上の給料をもらうということは…

 

給料が高いということは資格を持っているということ以外に、 回転数の多いクリニックや自費診療が多いクリニックということです。

 

そのため診療スキルだけでなく、患者さんへの対応力、診療をアシストする能力が求められます。

 

そのため今から少しづつ準備しつつ、紹介した方法をぜひ試してみてください。

 

さらに高みを目指す歯科衛生士さんは【ラクして高収入はムリ】歯科衛生士が高給を稼ぐには?【5つの方法】をご覧ください。

 

重複する内容もありますが、年収500万円以上、月の給与(額面)で40万円をめざす心得を書いてみました。

 

まとめ:「まずは動いて考える」がおすすめ

f:id:prandium:20210127174021j:plain

 

記事のポイントをまとめます。

 

・福利厚生を交渉する

・スキルアップ・資格取得をめざす

・転職サイトに登録して、情報集取する

・できることからはじめよう

・月の給料で30万、年収で400万以上をめざしましょう!

 

今回は歯科衛生士の給料をあげるための方法を紹介しました。地域差ありますし、働きやすさもあるので、一概に給料を高くしようと言うつもりはありません。

 

ですが、職場の人間関係は自分だけでコントロールすることは難しく、このさきも続く保証もありません。

 

そのため、いまから準備しておくことは心の余裕にもつながります。

 

福利厚生を交渉をしつつ、自分にあった資格をしらべ、求人を閲覧しながら、副業も考える….まずはひとつから始めてみましょう。

 

気持ちよく働いていくためには、心と身体の健康がなにより大事です。

 

そのために、最初の一歩がおおきな結果をもたらします。ぜひこの機会にお試しください。

 

今回は以上です。

 

 

 

 

 

✔︎【年代別の平均年収・給料】

✔︎【給料をあげたい歯科衛生士さんにおすすめの転職サイト】

ジョブメドレー | ※ 細かい条件で検索できる。登録で希望にあった新着求人のみをメール受信できる

ファーストナビ | ※ エージェントにお任せ。内部情報に詳しい。会員登録で非公開求人が閲覧可能。

未分類
スポンサーリンク
しろたぬ Web