【訪問歯科で働きたい】衛生士向け求人サイトの選び方+おすすめ3選【メリットあり】

 

訪問歯科で働きたい歯科衛生士「訪問歯科で働きたい歯科衛生士向けの求人サイトを知りたい。おすすめのサイトはどこだろう…?訪問歯科で働くメリットは何があるのかな。」

 

本記事ではこういった内容を解説します。

 

本記事の内容

 

この記事を書いている私は歯科医師です。

 

都内で友人と共同でクリニック経営に携わっていて、これまで50以上の医療機関と関わってきました。

 

衛生士さん100人以上と一緒にお仕事してきまして、たくさんの入局と退職を身近でみてきました。

 

この経験をもとに、衛生士さんの転職情報をシェアします。Twitterで情報発信しているので一応信頼の担保になると嬉しいです。

 

 

『介護サービスを利用するお爺さんのセクハラが問題になりすぎて、担当をすべて男性に変えたら、認知症が進んで寝たきりになったケース。「介護士は愚痴も性欲も暴力も、すべて笑顔で受け止める仕事ではありません」と女性介護士さんたちが満場一致してて、それがすべてだと思った』

 

スポンサーリンク

【訪問歯科で働きたい】歯科衛生士向け求人サイトの選び方 + おすすめ3選

f:id:prandium:20200719211857j:plain

 

最近は高齢化が進み、訪問歯科の需要が高まっています。そのため訪問歯科衛生士のニーズが増えています。

 

同時に歯科衛生士向けの求人サービスも乱立しています。”歯科衛生士 求人サイト”で検索するとわかりますが、山のように出てきます。

 

その中で「訪問歯科衛生士」として就職を希望している歯科衛生士さんにおすすめの求人サイトを3つ紹介します。

 

✔︎【訪問歯科で働きたい】歯科衛生士向け求人サイト【とりあえず登録すべき】

ファーストナビ | ※ 会員登録で非公開求人が閲覧可能。内部情報に詳しいエージェントがサポート。

ジョブメドレー | ※ 細かい条件で検索できる。登録で希望にあった新着求人のみをメール受信できる

グッピー | ※ 歯科業界では老舗。会員登録でスカウト機能や、独自の適性診断機能が利用可能。

 

結論をいうと、この3つのサイトに登録して、気になる求人があれば問い合わせる感じがよいかと。

 

病院側としても複数の求人数のサイトに登録しているため、登録しすぎも逆効果なのでシンプルに絞って効果を最大限に出しましょう。

 

「訪問歯科衛生士」の求人数が多いサイトを利用する

 

求人サイトを使うときは求人数の多さが圧倒的に重要です。

 

これだけは絶対正義です。

 

実際のスクショをのせておきます。

 

ファーストナビは3,661件。東京で380件です。

 

f:id:prandium:20200719210242p:plain

 

ジョブメドレーは1,999件の求人があります。東京で203件です。

 

f:id:prandium:20200719210304p:plain

 

Guppyは618件の求人数です。東京で105件です。

 

f:id:prandium:20200719210323p:plain

 

特にファーストナビとジョブメドレーは1,000件を越え、なかなかのボリュームです。

 

求人数が多いとそのまま転職のチャンスにつながるだけでなく、給料などの相場感を養うこともできます 。

 

もちろんその分、ライバルも多いので、サイトのサービスをうまく使いつつ効率的に探すことが有効です。

 

「ファーストナビ」「ジョブメドレー」「Guppy」それぞれの特徴

 

紹介した3つの求人サイトはそのままでも利用することができますが、登録することで使用できる便利なサービスを備えています。

 

ファーストナビ | ※ 会員登録で非公開求人が閲覧可能。内部情報に詳しいエージェントがサポート

ジョブメドレー | ※ 細かい条件で検索できる。登録で希望にあった新着求人のみをメール受信できる

Guppy | ※ 歯科業界では老舗。会員登録でスカウト機能や、適性診断が利用可能

 

このように、新着情報が届いたり、 非公開求人が見れるような特典を手数料無料で使うことができるので、それだけでライバルに差をつけることができます。

 

詳しい比較は【失敗しない転職】歯科衛生士向けの求人サイトを3種類比較した【おすすめは全部】で解説しています。

 

多くの衛生士さんは登録せずに転職しようとする方が多いです。これはひとことで言うと、チャンスを逃しています。

 

1分で登録できますし、何より転職の選択肢がかなり広がります。無料で使えるサービスは使い倒しましょう。

 

3つもめんどくさいという人はボクのおすすめする「ジョブメドレー」だけでもよいかと。

 

条件を登録して新着求人をメール受信しておくだけでも、かなり効果があります。

 

訪問歯科衛生士として働くメリット

f:id:prandium:20200719211947j:plain

パートでも正社員でもOK

 

訪問歯科は求人が多いため、パートでも正社員でも自分に合った条件で探しやすいです。

 

また一般歯科よりも勤務時間が短いので、時間の融通も聞きやすいことも特徴です。

 

仕事とプライベートを両立しやすいです。

 

参考:歯科衛生士に『バイトの掛け持ち』をおすすめする5つの理由【週1OK】

 

ブランク歓迎

 

ブランクのある歯科衛生士さんでも働きやすいです。

 

>>参考:ブランクがあって不安。そんな歯科衛生士さんには”訪問歯科”がおすすめ【具体的な理由つき】

 

歯科衛生士という職業は女性が圧倒的に多く、結婚や出産などのライフイベントが発生しやすいです。

 

そのため一度退職するということを前提に考えている病院は多いです。

 

一般歯科の最新の診療が不安だという歯科衛生士さんでも、口腔ケアの割合が多い訪問歯科は安心して働くことができます。

 

50代60歳以上も活躍中

 

50代や60歳以上の歯科衛生士も多く活躍しています。訪問歯科診療は治療だけではなく口腔ケアという予防や機能維持がメインです。

 

つまり衛生士さんたちが主役です。

 

そのためブランクが明けて訪問歯科を始めて、そのままずっと働いてる歯科衛生士も多いです。

 

訪問歯科で嚥下や摂食機能などの勉強をして、訪問に特化した衛生士さんもいます。

 

>>参考:歯科衛生士は何歳まで働けるの?歳をとったら…?【結論:一生働けます】

 

新しい分野を学べる

 

訪問歯科はまだ知名度が低く、 一般的にまだ知られていない新しい分野です。

 

とはいえ最近は高齢化が進み需要が高まっていて、 歯科衛生士の必要性が高まっています。

 

高齢者の治療や有病者の治療、摂食嚥下(せっしょくえんげ)といった、一般歯科ではなかな診察できない患者さんを担当することができます。

 

一度このような分野のスキルをつけると、他の病院に転職しても活かすことができます。

このように訪問歯科をやるメリットは大きいです。

 

とはいえ訪問歯科にもデメリットはあるので7つのデメリット。訪問歯科衛生士のお仕事【歯医者が全部話す】で解説しています。

 

まとめ

f:id:prandium:20200719212022j:plain

 

以上、訪問歯科で働きたい歯科衛生士さん向けの求人サイトをまとめてみました。

 

最近は訪問歯科衛生士の需要が高まっていて、ライバルも多いです。

そのため訪問歯科で働きたい歯科衛生士さんなら、さっそく求人サイトに登録してみましょう。

 

こういったサイトは使ってみるのが一番早いですし、登録して利用することで充分すぎるほど元が取れます。

 

目的は、自分の条件に合った職場を見つけることです。

 

よい職場に巡り合いますように!

 

ページを閉じつつも、次の行動に移しましょう!

 

✔︎この記事で紹介した『訪問歯科で働きたい歯科衛生士』向けの求人サイト

ファーストナビ | ※ 会員登録で非公開求人が閲覧可能。内部情報に詳しいエージェントがサポート

ジョブメドレー | ※ 細かい条件で検索できる。登録で希望にあった新着求人のみをメール受信できる

グッピー | ※ 歯科業界では老舗。会員登録でスカウト機能や、独自の適性診断機能が利用可能

 

✔︎この記事で紹介し歯科衛生士向けの求人サイトの徹底比較
【失敗しない転職】歯科衛生士向けの求人サイトを3種類比較した【おすすめは全部】

 

未分類
スポンサーリンク
しろたぬ Web