歯科衛生士がオープニングの歯科医院で働くメリデメ【転職のヒント】

 

『オープニングスタッフ』として働くメリットとデメリットを知りたい歯科衛生士「歯科衛生士がオープニングスタッフで働くメリット、デメリットはなんだろう。どんな歯科衛生士がオープニングスタッフに向いているのかな。オープニングスタッフの求人の上手な探し方があれば教えてほしい。」

 

本記事ではこういった内容を解説していきます。

 

本記事の内容

 

この記事を書いているボクは歯科医師です。

 

友人と共同でクリニック経営に携わっていて、50以上の医療機関や介護施設と関わっています。

 

歯科医院の新規オープンもたくさんみてきまして、衛生士さんも100人以上と一緒にお仕事してきました。

 

この経験をもとに、衛生士さんの転職情報をシェアします。Twitterで情報発信しているので一応信頼の担保になると嬉しいです。

 

 

『人間関係が悪くても仕事さえすればよい、という人もいるけれど、そこまで割り切れる人はどれだけいるのかな。情報不足で仕事の質も下がりそう。
「職場の風通し」と「情報共有の充実度」は比例する。結局は人間関係。”自分の輝ける場所”に出会うには”運”もあるから、アンテナはつねに張っておくと◎』

 

スポンサーリンク

歯科衛生士がオープニングスタッフで働くメリットとデメリット

f:id:prandium:20200604002545j:plain

 

歯科医院のオープニングスタッフで働きたいと考えている衛生士さん向けです。

 

はっきりいって、歯科医院のオープニングスタッフは人気があります。そのため求人倍率は普通の求人に比べて、激しい競争になります。

 

そんなオープニングスタッフにもメリットだけではなく、デメリットがありますので紹介していきます。

 

✔︎ デメリット

・忙しい

・勤務条件が変更される可能性がある

・院長への不満

✔︎ メリット

・フラットな人間関係

・きれいな環境

・自分らしく働ける環境

・求人の条件が良い

 

デメリット①:忙しい

 

オープニングスタッフは、実は忙しいです。

 

仕事上のマニュアルが確立されていないことに加え、リハーサルを何度やっても本番でうまくいかないことも多いので、そのたびに改善作業の繰り返しです。

 

実際の現場でも、イレギュラーの出来事にそなえて、つねにアンテナを張っておかなければなりません。

 

体力的にも精神的にも疲弊します。

 

デメリット②:勤務条件が変更される可能性がある

 

最初の勤務条件と変更があることがあります。

 

これも忙しいと関連することですが、 業務が忙しくなった場合に残業などが増え、勤務時間などが延長することがあります。

 

また開業時に予想以上に費用がかかることも多く、金銭面で苦しいときはボーナスなどの報酬に影響されることがあります。

 

デメリット③:院長への不満

 

院長への不満を感じることがあります。

 

開業は思った通りにいかないことが多く、面接の時に話していた病院の理念や理想の実現が難しくなる時期があります。

 

その院長のストレスがスタッフにむくと、スタッフにもストレスが伝染します。

 

スタッフ側としても、聞いていた話と明らかに違う場合は、不満がたまります。

このように、歯科医院のオープニングスタッフは気にするべきデメリットがあります。オープンする病院の新規スタッフは、半年で1/3くらいが辞めてしまうといわれています。

 

一方で、このデメリットを補うくらいのメリットもあります。

 

メリット①:フラットな人間関係

 

オープニングスタッフはフラットな人間関係からスタートです。

 

働き始める時点で先輩も後輩もない状態なので、人間関係をゼロから構築することができます。

 

出来上がっていない人間関係で働くため、上下関係の煩わしさが少ないです。これはスタッフスタッフ同士だけではなく、患者さんとの関係でも同じです。

 

良好なチームワークへの伸びしろが大きいです。

 

メリット②:きれいな環境

 

綺麗な病院で働くことができます。

 

新規オープンの病院は当然、きれいな職場です。外見はもちろん、内部も設備も新しいので気持ちよく仕事がすることができます。

 

手垢のついていない、清潔な環境で仕事ができるというのは大きなメリットです。

 

メリット③:自分らしく働ける環境

 

自分らしく働ける環境を作ることができます。

 

完璧なマニュアルが出来上がっているわけではないので、仕事の内容に、自分らしく働ける要素をいれていくことができます。

 

たとえば、物の配置や、スタッフの動線などは探りつつ仕事をするので、工夫する余地は大きいです。

 

メリット④:求人の条件が良い

 

オープニングスタッフは好条件、高待遇の求人が多いです。

 

オープン日の決定しているクリニックにとってスタッフを揃えることは絶対条件なので、好条件になりやすいです。

 

日数や時間などの細かい条件聞いてもらえることもあります。

 

条件の良い病院で働きたい衛生士さんにとってはメリットです。

 

オープニングスタッフに向いている歯科衛生士

f:id:prandium:20200715231948j:plain

人間関係に疲れた

 

人間関係に疲れたことがある衛生士さんは、オープニングスタッフをおすすめします。

 

オープニングスタッフだからといって、必ずしも人間関係に恵まれるとはかぎりません。人との出会いは、運の要素も強いからです。

 

ただフラットな人間関係始められるというのは大きな利点です。

.
自分の心と身体を考慮して、オープニングスタッフを試してみる価値は十分あります。

 

出来上がった人間関係の中でうまくいかない経験があっても、 イチから人間関係を築くことで働きやすい職場になったという歯科衛生士さんはたくさんいます。

 

>>参考:限界:人間関係に疲れきった歯科衛生士が良質な職場をみつける方法 3つ

 

なんでも楽しめる人

 

なんでも楽しめる姿勢のある人は、オープニングスタッフに向いています。

 

オープニングスタッフでは突発的な出来事やトラブルに見舞われることも多いです。

 

それに対して不平不満を言うよりは、前向きに捉えることでどんどん働きやすい環境に変わります。

 

予定通りに淡々とこなしたい衛生士さんにとっては「話が違う」と感じることが多いと思うので、オープニングスタッフは難しいかもしれません。

 

フットワークが軽い

 

オープニングスタッフはフットワークの軽い衛生士さんにもむいています。

 

ここで言うフットワークの軽さとは「ダメだったらやめる」という基準があるということです。

 

オープニングではトラブルに巻き込まれることも多いので、半年でやめてしまうスタッフも多いです。

 

もしストレスの溜まる環境になった場合、そこに留まり続けることは自分の健康を壊してしまいます。

 

そのため、自分の心と身体を守るために見切りをつける、とい判断も大切です。

 

自身の経験を財産としてとらえ、次の転職に活かす。そんな考えの衛生士さんもオープニングスタッフには必要です。

 

【効果的】オープニングスタッフで働くために【求人の見つけ方】

 

結論、歯科衛生士むけの転職サイトを利用します。

 

オープニングスタッフは人気なので、求人が出てもすぐに埋まってしまいます。

 

そのため、転職サイトを「活用」することが肝です。

 

オープニングスタッフの求人数

 

実際の求人数を見てみましょう。

 

転職サイト「ジョブメドレー」のスクショです。

 

f:id:prandium:20210223203809p:plain

 

全国で159件です。

 

ジョブメドレー全体の求人数はつねに5,000件ほどあるので、かなり少ないことがわかります。

 

就職するための倍率はめちゃくちゃ高いです。ですが、あきらめる必要はありません。

 

転職サイトを活用する

 

まず使うべき転職サイトを決めることが重要です。自分に適したサイトを使うことで、転職の成功率は大幅にアップします。

 

✔︎転職サイトの絶対条件

・求人数が多い

・検索条件が細かい

 

オープニングスタッフで働くためにはこの2つの条件は必須です。

 

そもそも求人の数が少なく、こまかい条件で検索できなければ、希望の求人の数も少ない可能性が高いからです。

 

それをふまえて、オープニングスタッフで働きたい歯科衛生士におすすめの転職サイトは以下のとおりです。

 

ジョブメドレー:オンラインで完結。細かい条件で検索可能。条件にあった新着求人をメール通知してくれる

ファーストナビ:会員登録で非公開求人が閲覧可能。内部情報に詳しいエージェントがサポート。

 

ジョブメドレーとファーストナビの比較

 

どちらも無料で使うことができ、求人数は日本最大級です。

 

✔︎【ファーストナビ と ジョブメドレー の比較】

・希望条件にあった新着求人がメール通知される → ジョブメドレー

・専属のエージェントがくわしい内部情報を提供 → ファーストナビ

 

給与やこだわりに合わせマイペースで転職活動したいなら「ジョブメドレー」、転職エージェントをつけて条件交渉やキャリアプランを相談したいなら「ファーストナビ」という位置付けです。

 

✔︎ジョブメドレーの特徴

 

検索項目はジョブメドレーの方がこまかいので、例えばネイルOK、育児支援あり、退職金あり…といったかなり特殊な検索まで対応しています。

 

なんといってもジョブメドレーの強みは、希望の条件を登録しておくとその条件にあった新着求人が出た瞬間にメール通知してくれることです。

 

これにより、求人情報の見落としはゼロになり、いちいちサイトを見に行く必要もありません。ジョブメドレーのデメリットは「ジョブメドレー」を徹底解説【デメリット・退会方法まで】で解説しています。

 

1分で完了>>ジョブメドレーの無料登録はこちら

 

✔︎ファーストナビの特徴

 

対して、ファーストナビは専門のエージェントがすべての転職活動を代行してくれます。登録することで、非公開の求人をみることもできます。

 

最大の強みは、歯科医院のくわしい内部情報をもっていることです。院長の性格や経歴、病院の理念など文字では表しにくい情報を教えてくれます。

 

エージェントを使うメリットとデメリットは歯科衛生士の転職で転職エージェントをつかうメリット【5つある】で紹介していますので、参考にしてください。

 

1分で完了>>ファーストナビの無料登録はこちら

 

まずは自分のスタイルに合いそうな方から利用してみるのがオススメです。

 

転職サイトに騙されないように注意しましょう

 

転職サイトを利用する上で「転職サイトに騙されない」ように注意しましょう。

 

転職サイトはたくさんのお金を払った病院を検索の上位に上げてきます。そのため目立つ求人があなたにマッチした求人とは限りません。

 

騙されないためには、やはり自分なりの軸を持つことは大切です。

 

「オープニングスタッフ」以外にも、給料や勤務地、勤務時間や社保など、ゆずれない軸を意識しておきましょう。

 

>>参考①:歯科衛生士が週休3日で働くメリット・デメリット【これからの常識】

>>参考②:【歯科衛生士の働き方】土日休みのメリット・デメリット【倍率は高い】

 

✔︎歯科衛生士むけの転職サイトは登録して利用が効果的

 

これらの紹介してきた機能は、登録することで利用することができます。

 

登録が手間に感じる人も多いですが、これだけで他の人よりも転職を圧倒的有利に進めることができます。

 

登録は1分で終わりますし、全ての機能を無料で活用できるので登録する価値はあると思います。

 

※ 最終的に転職する場合にはかならず登録が必要になりますので、最初から便利な機能は使い倒しましょう。

 

本気で転職を考えている人はぜひオススメです。

 

まとめ:デメリットもあるけれど、オープニングスタッフはおすすめ

f:id:prandium:20200715232020j:plain

 

歯科医院での勤務は人間関係がせまく、働く人によって働きやすさが影響されます。

 

オープニングスタッフではお局衛生士にいじめられたり、先輩衛生士に無視されたり、仕事の仕組みに疑問がもったまま、のようなことはありません。

 

そして忙しくても、イチから人間関係が作れることは魅力です。さらに条件も良い。

 

ライバルは多いですが、ぜひオープニングスタッフの歯科衛生士として働いてみましょう。

 

今回以上です。

 

✔︎今回の記事で紹介した転職サイト

ジョブメドレー:オンラインで完結。細かい条件で検索可能。条件にあった新着求人をメール通知してくれる

ファーストナビ:会員登録で非公開求人が閲覧可能。内部情報に詳しいエージェントがサポート。

 

>>参考:限界:人間関係に疲れきった歯科衛生士が良質な職場をみつける方法 3つ

>>参考:歯科衛生士が週休3日で働くメリット・デメリット【これからの常識】

>>参考:【歯科衛生士の働き方】土日休みのメリット・デメリット【倍率は高い】

未分類
スポンサーリンク
しろたぬ Web