【やめたい!】歯科衛生士が円満に退職する手順【即日退職する方法も】

 

退職を考えている歯科衛生士「歯科衛生士だけど、今の職場を辞めたい。円満な退職方法を知りたいな。できれば穏便にやめたい…。万が一のときは、すぐにでもやめたいんだけど…。」

 

こういった疑問に答えていきます。

 

目次

 

この記事を書いている私は歯科医師です。高齢者歯科を専門にしていて、複数の医療機関と関わっています。

 

そのため100人以上の歯科衛生士さんと一緒にお仕事してきまして、たくさんの入局と退職を身近でみています。

 

普段はTwitterで医療と介護の情報を発信しています。記事の信頼性担保につながれば、嬉しいです。

 

 

『高齢者にかかわる仕事をしていると「楽しみは老後にとっておこう」みたいな考えはけっこう危険だと感じる。
目が弱くなると読書やゲームは疲れるし、足腰が悪いと遠出も難しい。今やりたいこと、今しか体験できないことはすぐにでも計画するべき。それに、ヒマな老後が存在する保証なんてどこにもない』

 

スポンサーリンク

【やめたい!】歯科衛生士が円満に退職する手順

f:id:prandium:20200623214556j:plain

 

以下の通りです。

 

 

・退職手順①:雇用契約書、就業規則を確認

 

・退職手順②:理由を添えて退職の意志を伝える

 

・退職手順③:退職届を出す

 

 

 

少し詳しくみていきましょう。

 

退職手順 ①:雇用契約書、就業規則を確認

 

退職の意志を伝える前に、まずは雇用契約書や就業規則を確認しましょう。退職に関するルールが記載されています。

 

退職の何日前までに退職の意を伝える、と定められていることが多いので、事前に確認しましょう。

 

無くしてしまったときでも、おそらく1ヶ月前がほとんどですので、気にしなくて大丈夫です。

 

雇用契約書就業規則がない病院もあるかもしれません(本当はいけないです)。そのときは自分で退職日を決めてお話しするようにしましょう。

 

仮に雇用契約や就業規則で決められていても、日本の法律的には2週間前の通達で合法的に退職できます。

 

>>参考:【歯科衛生士の退職手順】やるべき手続き完全版【チェックリスト付】

 

退職手順 ②:理由を添えて退職の意志を伝える

 

必ず理由を添えて、退職の意思を伝えましょう。伝える相手は権限のある人ですので、ほとんどが院長になると思います。

 

人間関係や給料、労働時間が原因の場合は、直接伝えにくいこともあるので、他に興味があるという言い方でかまいません。

 

伝え方としては例えば「矯正に興味」「訪問に興味」「審美に興味」「もっとたくさんの患者さんをみたい」など、ポジティブな理由を伝えるとよいです。

 

「転職が決まっている」という言い方でもいいですが、”事前に相談してよ”と思われることもあるので、しばらく働くことを考えると、控えた方がよいでしょう。

 

結婚や出産、引越しなどのライフイベントは、そのままで理由になるので、ダイレクトに伝えましょう。

 

✔︎退職する前に、転職活動を始めておくことはオススメ

 

転職活動をすすめておくことはとてもとても重要です。いつでも転職できる、という気持ちは心に余裕をつくります。

 

求人サイトの掲載された求人をみるだけでも「自分の価値」を知ることができます。自分の給料と周りの相場を比較することで、退職へのモチベーションにつながります。

 

退職手順 ③:退職届を出す

 

伝え方は日付と名前、理由を書いて、院長宛てに退職届を提出します。

 

理由は一身上の都合でOK。まったく問題ありません。退職日や引継ぎ、有給休暇について調整してください。

 

念のため、退職届のコピーは取っておくことをおすすめします。

 

>>参考:歯科衛生士の退職届の書き方【テンプレつき。書かなくてもよい場合も解説】

 

以上が退職するための手順になります。

 

引き留めの可能性

 

強烈な引き留めは、”ある”と思っていた方がいいです。もうすでになんだかんだで、引き止められて、ズルズル働いている人もいるかもしれません。

 

歯科衛生士は人手不足で、貴重な人材で今はどの病院も後任を見つけにくいです。人によっては給料や労働環境の見直しを条件に、残って欲しいと言われる場合も。

 

とくに、心優しい衛生士さんは、もし強烈に引き止められてしまうと、ブレてしまう人も多いと思います。

 

ですので、そこまで想定して退職は考えるべきです。

 

>>参考: 【辞めさせてくれない…】歯科衛生士が引き止めを振り切る2つの方法

 

給料をこれだけあげてもらえるならやめるとか、勤務時間はもう少し短くしてくれるならやめるとか、自分の中である程度の”軸”をもつことが大切です。

 

譲れない条件といってもいいです。その”軸”を満たさないようであれば、勇気を持って、退職するようにしましょう。

 

【円満退職ムリそう…】すぐに衛生士をやめるなら、退職代行で即日退職できる

f:id:prandium:20200623214654j:plain

 

歯科衛生士は転職の多い職業です。退職理由もかなり壮絶なことが多いです。

 

【退職理由の具体例】

・院長やスタッフとの人間関係が悪化

・患者さんとの関係が悪化

・病院の方針が合わない

・勤務時間が長い、休みがない

・給料が低い

・いじめによるうつ病

・ひどい腰痛

 

歯科医院での勤務は、人間関係の悩みが多く占められます。

 

実際にうつ病になってしまい1か月で辞めた衛生士さん、いじめにあって1週間で辞めざるを得なかった衛生士さんもいます。

 

心が壊れる前に自分を守ってください。

 

 

そのためには退職代行を使うのも一つの手段です。退職代行とは、自分の代わりに退職手続きを代行してくれるサービスです。

 

依頼すれば、病院と一切関わらずに退職することができます。

 

「退職代行サービス」の利用を推奨する状態

 

退職代行サービスを受けてもよい状況は次のようなときです。

 

・辛い状況に追い込まれている

・後任がいないから辞めさせてもらえない

・面と向かって「辞めます」と言いにくい

・引き止めを受けるのがツラい

・退職届を受け取ってもらえない

・有給の申請ができない

・パワハラ、モラハラをうけている

・夜眠れない

・夢に出る

 

このようなときは自分を客観的にみることが難しくなっています。

 

上記のような理由で「板挟み」になっている人は、すぐ退職代行を利用しましょう。

 

似た方法として自分で内容証明郵便を送る方法もありますが、手続きに不備があった場合(とくに離職票や源泉徴収)、また連絡をとることになります。

 

ここは”キッチリ”終わらせておくべきです。ズルズルと働くのは本当にきついですし、退職時期がわからなければ、次の転職も圧倒的に不利です。

 

なにより自分の身体と心の健康が一番大事です。

 

>>参考: 退職を考えている歯科衛生士に「退職代行サービス」をおすすめする4つの理由【うつ病回避】

 

おすすめの退職代行サービス

 

退職代行サービスの選び方やオススメは【歯科衛生士向け】退職代行サービスの選び方+おすすめ3選【確実に退職したい】で解説していますが、それ以上に退職にはスピード感が大切だったりします。

 

時間に余裕がなかったり、探すのが面倒くさいという衛生士さんは、とりあえず「Jobs」、「わたしNEXT」のどちらかの退職代行会社を利用すれば充分かと。

 

どちらも100%の退職成功率で、料金は税込29,800円です(退職代行の相場よりやや安め)。自分は何もせずに辞める手続きが終わり、自分自身の健康が守られると考えれば、ハッキリ言って安いです。

 

退職まで次の3ステップで完結します。

 

①:問合せ(電話orメールorLINE)

②:無料相談

③:支払い(クレジットカードor振り込み)

 

本当はさらに2社を比較するのがよいですが、それも面倒という人は「わたしNEXT」でよいかなと。

 

無料相談はこちら >>わたしNEXT

 

女性に特化した退職代行会社なので、手厚いフォローを受けられます。

 

詳しくは【女性向け退職代行】”わたしNEXT”を徹底レビュー【感想・デメリットあり】で解説しています。

 

転職サポートをそのまま利用すると、最大5万円キャッシュバックされるので、実質無料で利用できます(※退職代行サービスを使わずに、転職サポートだけでも対象)

 

まとめ:円満退職が理想ですが、最優先は自分の身体と心。

f:id:prandium:20200623214721j:plain

 

今回の記事をまとめます。

 

・退職の手順  ①:雇用契約書、就業規則を確認 ②:理由を添えて退職の意志を伝える ③:退職届を出す

・いじめ、パワハラ、セクハラはすぐに退職するべき

・自分を守るために退職代行サービスの利用は有効

・自分の心と身体の健康が何より大事

 

優しい性格でずるずる続けている衛生士さんもいます。板挟みは、自分の身体と心を追い込みます。

 

軸を決めて、勇気をもって退職してください。ハッキリ言ってしまうと、あなたが急に出勤しなかったとしても、病院はまわります。

 

急に辞めるなんてそんな無責任なことはできない、と感じるかもしれません。でもなによりも、自分の健康が1番です。

 

自分の健康に無責任にならないでください。健康でさえあれば、いつでもどこでも患者さんのために貢献できるはずです。

 

今回は以上です!

 

✔︎【年代別 歯科衛生士におすすめの転職サイト】

 

✔︎【記事で紹介した退職代行リスト】

わたしNEXT ※ 女性に特化したサポート、最大5万円キャッシュバック

Jobs  ※ 女性弁護士のサポート、退職届のテンプレ付き

 

>>参考:【歯科衛生士の退職手順】やるべき手続き完全版【チェックリスト付】

 

✔︎退職代行サービスの具体的な選び方
【歯科衛生士向け】退職代行サービスの選び方+おすすめ3選【確実に退職したい】

✔︎歯科衛生士におすすめの退職代行サービスの3社比較
歯科衛生士向けの退職代行サービス3社を比較した【おすすめは全部】

✔︎ 「わたしNEXT」のデメリット、口コミを確認したい人へ
【女性向け退職代行】”わたしNEXT”を徹底レビュー【感想・デメリットあり】

未分類
スポンサーリンク
しろたぬ Web