【歯科衛生士向け】ファーストナビを退会する方法【解約メールのテンプレつき】

 

『ファーストナビ』を退会したい歯科衛生士「もうファーストナビを利用しないけど、退会の方法がわかりにくい…。しつこく引き止めされたらイヤだな…」

 

こういった悩みを解決します。

 

✔︎ 本記事の内容

・ファーストナビ歯科衛生士の退会方法【手順・解約メールのテンプレ付き】

・求人情報を収集しておくのは大事

 

✔︎ 記事の信頼性

しろたぬ
しろたぬ

この記事を書いているわたしは歯科医師です。

 

歯科医師として、ファーストナビを利用して何度か転職を経験しました。

 

ひと通り転職もおちつき、退会しようとしたとき、退会方法がわかりづらくて困ってしまいました。

 

ファーストナビに登録していた歯科衛生士が、

 

・たまにくる連絡がうざい

・個人情報を消去してほしい

 

といった理由から、「ファーストナビを解約したい」というケースがわりとあります。

 

そこでこの記事では、「ファーストナビを簡単に退会する方法」…を実際の画面付きで解説します。

 

この記事を読むと、「ファーストナビを退会する手順」や「退会時の文章のテンプレ」が、すべてわかります。

 

関連記事 ▶︎【歯科衛生士転職サイト】おすすめランキング21選|安心して働ける職場選びを歯科医が徹底比較

 

もくじ

 

しろたぬ
しろたぬ

いつもは Twitterで医療と介護の情報を呟いています。

 

ありがたいことに、1万人以上の方にフォローしてもらっています。

 

記事の信頼性につながると嬉しいです。

 

【手順】ファーストナビ歯科衛生士の退会方法【解約メールのテンプレ付き】

結論、以下のとおりです。

 

・メールする ▶︎ info@firstnavi.jp

・電話する ▶︎ 0120-111-539 (平日 9:30 – 20:30)

 

このどちらかで、退会の意志を伝えましょう。

 

サイト上では解約ができない

 

ファーストナビは、サイト上から登録を解除することはできません。

 

なぜなら、退会ボタンがない…からです。ですので、サイト上からの退会方法を探しても見つかりません。

 

利用規約をみると、

 

第10条「ユーザーは、自らの意思により本サービスへの登録を解除することができます」

 

…とだけ掲載されています。

 

つまり、こちらから何かしらの「意志表明」をする必要があります。

 

✔︎ ファーストナビの利用条項

f:id:prandium:20200620150018p:plain

 

おすすめの登録解除方法はメール

 

退会するための方法は2つ。

 

・メール

・電話

 

…のどちらかです。

 

とはいえ、圧倒的にメールをおすすめします。

 

なぜなら、

 

・やり取りが残る

・直接話す必要がない

 

…からです。

 

個人情報を取り扱う以上、記録を残しておくことは安全面でも重要です。

 

ファーストナビに会員登録したとき、やり取りしているメールアドレスがあるはずです。

 

そこから、退会の意思を伝えましょう。

 

電話で解約する場合は、

 

 0120-111-539

 

…にかけると、つながります。(受付は、平日 9:30 – 20:30 です)

 

実際の解約依頼のメール【例文のテンプレ】

 

解約する時に、メールを作ったりするのがめんどくさい…という人もいますよね。

 

実際にわたしが解約するときに使ったメール文を載せておきます。

 

テンプレートとして自由にご利用ください。※ (実際は歯科医師としてメール送付したので、今回は歯科衛生士に書き換えています)

 

✔︎ 実際の退会メール

f:id:prandium:20200621164213p:plain

 

✔︎ 【テンプレ】

退会および個人情報削除のお願い

ファーストコネクト 歯科衛生士  担当 (担当者名)様

お世話になります。以前に御社のご紹介で転職いたしました(自分の名前)です。

この度、転職予定がしばらくなくなりましたので、ファーストナビ歯科衛生士からの「退会」と「個人情報の削除」をお願いいたします。

ご対応のほどよろしくお願い申し上げます。

(自分の名前)

 

※ ファーストコネクトとは「ファーストナビ歯科衛生士」を運営する会社名です。

 

これでOKです。

 

次の3つを忘れずに書いておくことがポイントです。

 

・名前

・退会の意思

・個人情報削除の依頼

 

メールを送った当日に、登録解除完了の返信メールがきました。

 

しつこい引き留めは無い

 

実際に僕がファーストナビ歯科医師を退会した時も一切引き止めはありませんでした。

 

そのため歯科衛生士でも引き留めはない…と考えられます。

 

ただ、引き留めを受ける可能性もゼロではありません。

 

そういう意味でも、電話よりメールでのやり取りのほうがオススメです。

 

求人サイトは、利用しなくなると大体放置することが多いです。

 

ですが、たまの連絡が気になったり、個人情報を消去して欲しい人はメールで退会手続きをしましょう。

 

ファーストナビを退会しても、求人の情報収集はわすれずに!

歯科衛生士の求人情報…は定期的にチェックしましょう

 

ファーストナビを解約しても、なにかしらの方法で、求人の情報は定期的に手に入れておきましょう。

 

歯科衛生士として、定期的に求人情報をチェックしておくこと…は本当に大事です。

 

なぜなら、もっと自分に合った職場が見つかる可能性があるからです。

 

求人サイトをチェックすることで、

 

・もらっている給料が妥当か

・もっとよい勤務条件はないか

 

…を確認することができます。

 

いまが恵まれている職場だとしても、

 

・新しいスタッフが入ってきた瞬間に人間関係が最悪になった

・実は相場よりも安い給料で働かされていた

 

…といった事例はたくさんあります。

 

求人情報をみておくことで、「いつでも転職できる」という心の余裕を持つことができます。

 

【簡単です】求人の情報収集を自動化しておく

 

とはいえ、

 

・いちいち求人サイトを見に行くのは手間

・都度、電話がかかってくるのはイヤ…

 

…という人とも多いはず。

 

このような人は「希望条件に合った求人のみを受信できる」サービスを使って、作業を自動化しましょう。

 

このサービスでは、希望条件を登録しておくだけでそれにマッチした歯科医院の求人情報がメールで送られてきます。

 

そのため、「希望に合った条件の新着求人」だけを確認し続けることができますよね。

 

新着求人の見逃しもないので、思いがけず自分に合った職場に出会うこともあります。

 

情報収集の自動化は ジョブメドレー 1択

 

歯科衛生士向けの求人サイトは20個以上がありますが、このサービスを使うなら、ジョブメドレー がオススメです。

 

ジョブメドレーは、

 

・細かい条件で検索できる

・希望に合った求人のみをメール受信できる

・ネット上で簡単に退会できる

・連絡がしつこくない

・医療系転職の大手

 

…という特長をもつ、自分だけでゆっくり検索できる求人サイトです。

 

希望に合った求人情報だけほしい人は、登録して希望条件を入力しておきましょう。

 

\ すべて無料|しつこい勧誘なし /

ジョブメドレー に登録する

 

まとめ:ファーストナビを退会しつつ、適切な情報収集を!

 

今回の記事をまとめます。

 

・ファーストナビの退会手続きは、メールか電話で連絡する

・しつこい引き止めはない

・とはいえ今後も、求人情報の情報収取は定期的におこないましょう

・情報収集を自動化すると、煩わしさがなく便利

 

この記事通りにやると、ファーストナビは無事に退会できます。

 

最後に。

 

いま、歯科衛生士は必要とされている職業です。

 

実際、有効求人倍率は20倍。これは一人の歯科衛生士を20の歯科医院が奪い合っている状況です。

 

そのため、希望に合った歯科医院は必ず見つかります。

 

適切な求人サイトを使って、情報収集は忘れないようにしましょう。

 

小さな一歩が、ステキな未来を引き寄せることもあります!

 

今回は以上です。

 

\ 条件にあった求人がメールで届く /

ジョブメドレー に登録する

スポンサーリンク
スポンサーリンク
転職のコツ
歯科衛生士の転職.com