【訪問歯科をおすすめする理由】アルバイト(非常勤)を考えている歯科医師の先生へ。

訪問歯科でアルバイトを考えている歯科医師の先生へ。

 

・訪問歯科でアルバイト(非常勤)を検討中。

・訪問歯科は本当におすすめ?やるメリットは?

・一般診療との違いを知りたい。

 

本記事ではこういった疑問に答えていきます。

 

本記事の内容

 

この記事を書いているボクは、歯科医師になってから10年以上、高齢者や認知症患者さんの治療をしてきました。「摂食・嚥下(せっしょく・えんげ)」というマイナー分野を専門にしていて”通院困難な人”を対象に口や喉の治療をしつつ、大学で”高齢者の歯科治療”を教えています。

 

ほぼ毎日、介護施設や精神病院、急性期病院、個人宅を訪問しています。これまで50以上の医療機関と関わって仕事してきました。そこで、いろいろな働き方を間近でみることができました。

 

Twitter で情報発信しています。記事の信頼性担保につながれば嬉しいです。

 

 

『介護や医療に携わっていると「口があかない人」の口腔ケアに苦労している人も多いはず。そんなときは★をやさしく押してみて。
青い矢印の通りに、歯ぐきにそって人差し指を這わせれば、噛まれずに到達できます。到達したら、指の先で軽く圧迫。高確率で口が開きます。不安な人は身近で練習してから』

 

スポンサーリンク

【メリット】訪問歯科でのアルバイト(非常勤)をオススメする理由

f:id:prandium:20200528234721j:plain

”高齢者歯科”の知識と経験が身につく

高齢者歯科治療に対する知識と経験を身につけることができます。

 

訪問歯科診療を対象とする患者さんは、通院困難な患者さんです。そのため一般診療の知識やスキルだけでなく、 高齢者や有病者に対する知識やスキルが必要になります。

 

認知機能が低下している人への治療。体が不自由だな人への処置。持病を持っている人への抜歯。

 

今後さらに高齢化が進む日本においては、身に付ておいて損のない知識やスキルです。

 

”ライフワークバランス”を大切にできる

仕事とプライベートの両立をすることができます。

 

訪問歯科は一般診療に比べ、勤務時間が短い病院も多く存在します。

 

そのため、自分の時間を大切にしたい先生だけではなく、ブランクがあったり、子育て中、介護をしている先生にとっても、優しい環境を整えやすいです。

 

実際に子供のお迎えまでに15:00までの先生もたくさん働いています。病院によっては5週間ある曜日は1日休みの病院もあります。

 

”他職種の人たち”とかかわることができる

介護に関わる色々な職業 の人と関わることができます。これは大きなメリットです。

 

訪問歯科の対象となる患者さんの周りには家族だけでなく、介護に携わる人たちが関わっています。その人たちと連携して情報を共有することで、患者さんの治療を円滑に進めることができます。

 

具体的な職種としては医師、看護師、ケアマネージャー、介護士、管理栄養士、言語聴覚士、作業療法士、理学療法士です。

 

それぞれの視点から患者さんの医療や介護にあたっているので、そういう視点をの知識や経験を吸収することもできます。

 

将来、自分の家族の介護に関わる可能性もゼロではありません。このような経験はかなりのメリットです。

 

給料の高い病院が多い

比較的給料の高い病院が多いです。

 

これは訪問歯科診療の一人単価の保険点数が高いことが考えられます。ぎっちり診察がつまっていると、1日2万点は越えてきます。

 

求人サイトを確認するとわかるのですが、勤務時間も一般診療に比べると短いので、時間単価に考えると高いです。

 

カルテがよくわからない、訪問歯科ってなんか得体のしれないもの、と思っているだけなら、一度チャレンジしてる価値はあります。

 

どの求人サイトで使ったらよいかわからないという人は、とりあえず「ファーストナビ」「グッピー」、この2つの求人ツールに登録をしておけば充分かと思います。

 

詳しくは【歯科医師の転職】訪問歯科に強い求人サイト3選【バイトでもニーズあり】で解説しています。

 

そのままでも利用できますが、登録者しか見ることができない非公開求人はかなり選択の幅を広げるのでおすすめです。必要に応じエージェントが無料で連絡を取ってくれたり、給与交渉までしてくれます。
>>参考:歯科医師向け求人サイト3社を徹底比較した【転職体験からのおすすめ】

 

そのうえでまずは見学をしてみると、安心度が増します。

 

条件や環境が合わないとき、退職しやすい

退職というと、ネガティブな話に聞こえますが、とても重要な事項です。条件や環境が自分と合わなかった場合、常勤に比べて退職しやすいです。

 

週に1日から数日しか働いていなければ、生活が完全に破綻することもありません。転職に求人サイトを使っていれば、煩わしい人間関係もありません。

 

自分の身体や心は最優先にすべきものです。人間関係、評価のような働きやすさは働く意欲につながり、そこに疑問を感じるなら、退職すべきです。とはいえ、退職すること自体は手間ではあるので、病院の雰囲気を掴むためにも、週に1日からがオススメです。

__

訪問歯科診療でのアルバイト経験は、このようなメリットを受けることができます。

 

次に補足として、一般歯科診療との違いを紹介します。

 

一般診療と訪問歯科診療のちがい

f:id:prandium:20200613225608j:plain

訪問歯科で必要なスキルは?

外来診療でおこなっていた、自分の診療スタイルをベースにすることができます。

 

保存、補綴、外科、小児、麻酔。どの分野の診療をしていても必ず活かすことができます。

 

なぜなら訪問歯科を必要とする患者さんの治療は、特殊な技術というよりは基本的な技術があって、 そこに高齢者歯科の知識をのせる、というイメージだからです。

 

もちろん、専門分野がない先生でも、伸びしろという点ではやる価値があると思います。固定観念がない分、吸収しやすいです。

 

例えば歯を抜くにしても、難しい抜歯症例は一般歯科の方が圧倒的に多いです。訪問歯科では、歯は簡単に抜けるのだけれども、 抜いた後に感染症を起こしやすいとか出血が止まりにくい、このような患者さんが多いです。

 

知識があれば安全に抜歯する、もしくは適切な医療機関に紹介することができます。

 

虫歯を削るにしても一般歯科では簡単に CR 充填で終わるような虫歯だとしても、 訪問歯科の場合は、患者さんの体力や体勢によって、処置時間や内容を変える必要があります。

>>参考:訪問歯科の仕事内容とは?【アルバイトを迷っている歯科医師の先生へ】

 

コミュニケーション能力が必要

おすすめの理由でもあげましたが、 コミュニケーションが必要です。といっても、ベラベラしゃべるということではなく、いろいろな職業の人たちと尊重し合う意識があれば問題ありません。

 

一般診療だと「歯科医師」「衛生士」「助手」「患者さん」のこの4つのコミュニケーションで完結します。これは患者さんが自分で意思表示をできるからです。

 

訪問歯科診療の場合は、この意思表示が難しい患者さんが多いので、色々な職種の人たちと連携をとる必要があります。

 

この連携をすることはもう1つの意味があって、それは”自分自身を守る手段になる”ということです。

 

患者さんに関わっている人たちのナマの情報は、本当に貴重で、 今日調子悪そうとか、3日前に転んだとか、そういう細かい情報を教えてくれます。それが安全に診療するための大きな役に立ちます。

 

”ある”道具で治療する

持っていく道具が限られるので、臨機応変に診療する必要があります。

 

道具の種類や数にも限りがあるので、ほしい道具がなくても治療しなければいけません。

 

基本的な診療は一般外来と同じようにできますが、その場で道具を補充することは難しいので、極論ピンセット一本で戦えるぐらいのスキルはつきます。

 

なくてもやるというイメージが大切ですし、どんな状況でも診療できるようになっていきます。最終的には多分、戦場でも治療できます。

 

衛生士が主役

訪問歯科診療では衛生士が主役です。

 

訪問歯科診療を対象とする患者さんは積極的な治療がおこなえず、現状維持のメンテナンスが中心になる場合があります。

 

これは認知症が進んだときの治療の目的が、「肺炎の予防」「低栄養防止」「疼痛の除去」に変わるからです。

 

そのため衛生士が行う口腔ケアは重要度がかなり上がります。認知症が進み治療困難な人では、衛生士がおこなう口腔ケアのライトを歯科医師が補助する、このような診療場面も多くあります。

 

まとめ:大変そうと思っても”訪問歯科診療”はチャレンジする価値あり。魅力的な仕事。

f:id:prandium:20200601221549j:plain

・訪問歯科に興味があるなら、一度チャレンジしてみて

・いまあるスキルを活かすことができる

・経験不足や実力不足は問題ない。みんな最初は初心者。

・訪問歯科で、自分の経験値は相当上がる

「チャレンジしたこと」「経験したこと」は自分の財産になります。

 

高齢化が進んでいることで訪問歯科は需要がどんどん増えてきています。訪問歯科診療をする先生は求められています。ぜひ、一度経験してみてください。損はないはずです。

 

外来と同じで、訪問歯科にも、診療方法に正解はないので、試行錯誤しつつ改善していきましょう。

 

今回は以上です。

✔︎ 【訪問歯科の仕事内容】

訪問歯科の仕事内容とは?【アルバイトを迷っている歯科医師の先生へ】

 

✔︎ 【歯科医師向けのおすすめ求人サイト】

【歯科医師の転職】訪問歯科に強い求人サイト3選【バイトでもニーズあり】

歯科医師向け求人サイト3社を徹底比較した【転職体験からのおすすめ】

 

 

未分類
スポンサーリンク
しろたぬ Web