【感染症流行時の訪問歯科】この症状は連絡すべき?介護をしている家族やケアマネさんに伝えたい「訪問歯科を依頼する基準となる症状」を紹介します。

スポンサーリンク

ケアマネさんや家族、介護士さんに知ってほしい「訪問歯科を依頼する基準」

感染症が流行している時期での「訪問歯科を依頼する基準」について紹介したいと思います。蔓延が長引けば長引くほど、口のトラブルも増えてきます。

 

訪問歯科の対象となる人は通院困難な患者さんです。それはつまり高齢であったり認知症が進んでいたり障害を持っていたりと自分で歯医者さんに行くことが難しい患者さんのことです。

 

新型コロナウイルスの感染で悪化しやすいといわれている基礎疾患をもっている方がほとんどで、人との接触を避けるため出来る限り外出を自粛することが大切です。外からの出入りを制限をしている介護施設も多く、元々訪問歯科を依頼していた場合でも不要不急の治療以外はおこなわない所もふえています。

 

(これから依頼したいという方は以前の記事を参考にしてくださいね)
shirotanu.com

今の時期に「歯が痛い」「腫れた」「ご飯が食べられない」・・このような状況に陥ってしまった場合、歯医者に診てもらうかどうか迷うと思います。どのような症状であれば訪問歯科を依頼した方が良いのでしょうか?逆に頼まなくてもできることはないのでしょうか?

 

具体的な症状をあげながら対処法を紹介していきます。

 

本人、家族はもちろん患者さんの周りにいる人々たち(ケアマネージャーさんや介護士さん相談員さん)がこの記事に書いてある内容に沿って実践するだけで、感染リスクを最小限に抑えつつ患者さんのつらい痛みを取り除くことが出来ると思います。

『時間』『場所』『程度』『食事量の変化』

歯の痛み

ここで大切なのは『時間』『場所』『程度』『食事量の変化』です。急激な歯の痛みは基本的に歯科受診をする理由になります。そのさいに何時から、どこが、どの程度痛いかということは確認してみてください。

 

例えば朝は痛くなかったのに昼から食事が食べれないくほど痛くなり、手でほっぺたをずっと抑えているような状態。このような状態は急性症状ですので歯科を依頼しましょう。『食事量の変化』も減少しているはずです。

 

3日前からじわじわ痛みが続いている・・のような耐えられないほどではないけれど、長い間続いている症状の場合はまずその箇所を歯磨きしして汚れを落としましょう。キレイに清掃することで痛みが軽減することもあります。それでも今より痛みが強くなってくる場合は歯科を依頼しましょう。

 

認知機能の低下がみられる患者さんによくみられるのが、痛みの場所がその都度違う症状です。まず口の中を清潔にして様子を見てもいいでしょう。周りの人達が何時からどこからどの程度痛いかを把握してくださいね。

歯ぐきの腫れ

歯ぐきの腫れの場合も歯の痛みと同様に『時間』『場所』『程度』『食事量の変化』を注視しましょう。

 

数時間前は腫れていなかったのもかかわらずいま急激な腫れになっている時は歯科を依頼しましょう。多くは痛みを伴います。膿をぬいたり薬を服用することで落ち着きます。

 

数日前から腫れぼったい感じがする・・このような場合は該当箇所を確定しまずはしっかり歯磨きで汚れを落としましょう。常温の水(水道水)で冷やすことも有効です。歯ブラシで出血するような場合も傷をつける強さではなく柔らかめの歯ブラシで磨くようにしてください。歯ブラシは安くてお勧めがあるので記事したに紹介しておきます。参考にしてみてくださいね。

入れ歯の痛み

入れ歯の痛みの場合も『時間』『場所』『程度』『食事量の変化』が大切です。まずはいつからどこがどのくらい痛いのかを確認しましょう。明らかに傷があるような場合は調整が必要です。

 

入れ歯の場合、痛みの訴えがあった直後に考えられることは装着時に変な方向から入れ歯を入れてしまったり、入れ歯と歯ぐきの間に物が挟まっていたりする可能性があります。そのためまず一度取り外し口で歯を綺麗にしてもう一度装着してみてください。もしそれで傷がいると、直後はまだ痛む場合も多いので、食事と食事の間に外す時間を作り歯ぐきを休めてみましょう。

 

それでも痛みが続くようなとき、例えば朝痛みが出てお昼まで外しお昼ご飯の時も痛くてその後も外したにもかかわらずオヤツを食べられなかった・・ような場合は歯科を依頼しましょう。

 

入れ歯の痛みの場合、『食事量の変化』は『入れ歯の大きさ』にも強く影響されます。例えば総入れ歯を使って通常の食事を食べている人が入れ歯の痛みで食べれない状態になってしまったときは、栄養の低下に直結します。依頼した方が良いでしょう。

 

反対に、部分入れ歯を使っている人で入れ歯がなくても不自由なく食べれるようなときは外す時間を作りながら様子を見ても良いかもしれません。入れ歯を装着しなくても食べられるような柔らかい食形態を食べている人も、様子を見て定期的に不具合が続くのかどうかを確認しても良いでしょう。

 

入れ歯の破損・紛失

入れ歯の破損は元々のどの程度の大きさで入れ歯を使っていたか、そしてその使用感によります。入れ歯にどのくらい栄養確保を依存しているかで『食事量の変化』が顕著にあらわれます。

 

入れ歯の痛みでも書いたように、総入れ歯を使って普通の食事を食べている人であれば割れて使えなくなった場合は緊急の修理が必要です。

 

その一方入れ歯がなくても食べられるような状態の人はまずは本人や家族の意向を確認してもいいかもしれません。栄養は摂取できる状態であることを共有することで安心感の生まれることがあります。

 

入れ歯の紛失も同様で総入れ歯に総入れ歯に近い人は早急に作成する必要があります。入れ歯がなくても栄養が取れるような人は感染症流行時の緊急性としては優先順位がさがるため家族や本人に確認してみましょう。

顎が外れた

顎の修復を依頼しましょう。なかには自分で整復できるひともいます。介護施設の看護師さんでも整復できる人がいました。身体の機能低下により定期的に外れてしまう場合もあります。

出血

口の中がきれて出血していたり、歯ぐきから血が止まらないような場合は一度依頼すると良いでしょう。

 

歯周病の場合は朝起きると枕が血まみれという状況も予想できます。特に口腔ケアができなくなってくると出血傾向、口臭の症状がでてきます。そのため今までとの比較がとても大切です。

 

全く出血していなかった人が急に枕が血で染まっていたような場合やそれが数日続いてるような場合は診察を依頼しましょう。

 

外傷による出血は緊急性の高い症状ですが訪問歯科というよりは緊急搬送をおこないましょう。

その他

患者さんの状態は一人一人違います。緊急性の症状ではなくても、歯科往診の必要な時があります。

 

例えば少し歯がザラザラするような内容では緊急性はありませんが、ザラザラすることで眠れなくなったり落ち着きがなくなったりするような不穏な状況になってしまう。このような患者さんの場合は一度診察をするだけで落ち着くことがあり、依頼して良いと思います。

 

また本人は希望していなくても家族が心配してどうしても見てほしいという場合もあります。 そういう場合も依頼しましょう。

最終的判断の指標

最終的な判断材料のひとつは「栄養が取れるかどうか」です。これは大きな判断基準になります。食事が取れない、食事量が激減するような状態は歯科受診におこなうべきでしょう。

 

入れ歯を装着することが可能かではなく、そのことで栄養が取れるか否かが最終的にはとても重要です。特にこういうこのような感染症蔓延時は「感染するリスク」と「症状」を比較することが大切です。

 

事前に訪問歯科へ伝えてほしいこと

前回のエントリでも書いたように以下のことは訪問歯科を依頼する病院に伝えるようにしてください。

 

・歯の症状(いつから、どこが、どの程度)

・食事量の変化

・味覚障害や聴覚障害がないか

・海外渡航や帰国者への濃厚接触がないか

・患者やその家族に14日以内の発熱はないか

・14日以内に新型コロナウイルス感染者との接触はないか

・14日以内に屋内で50人以上が集まる集会に参加していないか

通院困難な患者さんは身体的にも精神的にも環境的にも一人一人状況が違います。 そのため本人だけではなく周りにサポートしてくれている人たちが状況を把握することは医療側にとってとてもありがたい情報になります。そしてなによりも双方の感染防止にもつながります。かならず共有してくださいね。

まとめ

繰り返しになりますが、依頼するか迷ったときに確認することは『時間』『場所』『程度』『食事量の変化』の4つです。

 

症状やその感じ方は患者さん一人一人が違います。そのためそれぞれに合わせた対応が必要です。そのためには事前の情報収集を行い、正確な状況を把握することが大切です。

 

途中でも書いたように通院が困難な人の場合は最優先事項は『栄養確保』だと思っています。特にこのような感染流行時期では「感染のリスク」と「症状」を比較して訪問歯科を依頼するかどうかを決めるのは有用な診断基準です。感染のリスクを下げながら症状を治める対処を決めていきましょう!

 

最後にボクの患者さんにオススメしている歯ブラシです。「スーパーソフト(SS)」というのがポイントです。その名の通り毛先はかなり柔らかいので、硬めの歯ブラシを使用している人にとっては始めは磨いた気が全くしないようです汗

それでも慣れてくることが多いです。柔らかい分、毛先が開きやすいですが歯ブラシは消耗品です。都度取り替えてくださいね。1本だと送料がかかって高くなってしまうようなので、気に入ったら5本とかでまとめって買う方がお得だと思います。

 

未分類
スポンサーリンク
しろたぬ Web